「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

コンタクト冷凍機

コンタクト冷凍機とは、食品を急速冷凍させる方式の1つで、冷却した金属板を使った冷凍方法です。プレート式冷凍、接触冷凍とも呼ばれます。
 
金属板(フラットタンク)の中にマイナス40~マイナス30℃の冷却した液体を流し、冷却された金属板で食品を挟んで、圧力を加えることで冷凍します。
食品の表面に熱伝導の高い金属板が直接冷却されて触れるので、冷却効率が良い方法です。
 
コンタクト冷凍機では、金属板が十数枚上下に重ねて設置されています。その金属板の間に食品を差し込んで、油圧で上部から押し付けながら冷凍させます。
冷凍速度は、金属板内の液体の流速や食品の梱包の有無によって変化しますが、短時間で冷凍が完了します。
 
食品を挟みこんで圧をかけるため、冷凍しながら成形も行えるところも特徴です。
ブロック状の食品の冷凍に使うことができます。

 
【関連記事】コンタクト冷凍機
 

急速冷凍機の選び方

専門家が教える 急速冷凍機の正しい選び方ガイド

 
 
【参照】
『新版 食品冷凍技術』(社団法人日本冷凍空調学会、2009)