「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

コンタクト冷凍機

金属の冷却板で食品を挟み込んで急速冷凍するコンタクト冷凍機の仕組みと特性について紹介します。金属板で食品を挟む込むメリットとデメリット、向いている食材、向いていない食材について説明。

食品を金属で挟みこむタイプの冷凍機

金属製の冷却板(フラットタンク)の内部にマイナス40~マイナス30℃の冷却物質を流し、その金属板で食品を挟み込んで冷凍する方法です。
 
食品を挟み込む際には冷却板による食品の加圧が行われます。これは食品と冷却板との密着性を高めて熱伝達を上げるためと、食品の成形を行うためです。
そのため、ある程度食品を押しつぶしても問題ない食肉やすり身の冷凍に用いられます。

 
 

加圧しても問題ない食品にのみ使える冷凍機

コンタクト冷凍機は熱伝導率の高い金属性の冷却板で挟み込むうえ、加圧で食品と冷却版がぴったり密着するので、効率よく冷凍が行えます。
 
しかし、加圧を行うという特性から、食材が限定されてしまいます。
コンタクト冷凍機を導入する際には、製造する食品の製造ラインや製造量がコンタクト冷凍機に適しているかを検討しましょう。
 
スライスした食肉やすり身を大量に冷凍し商品を製造する場合などは、冷凍と成形が同時にできるため、便利な冷凍機といえます。

メーカー別急速冷凍機 (コンタクト冷凍機)