「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

エアブラスト冷凍機

エアブラストとは、冷凍食品を急速凍結させる際の方式の一つで、冷却した風を食品にあてることで凍らせることを指します。気体冷却式とも呼ばれます。
 
エアブラスト冷凍機は冷凍機の中では最もポピュラーなもので、「バッチ式」「トンネルフリーザー」「スパイラルフリーザー」「IQFフリーザー」の4つに大別できます。
 
バッチ式は、冷凍室の上部や側面、底面に空気冷却器を設置し、冷却した風を送風することで冷凍室内の食品を凍結する方法の冷凍機です。
 
トンネルフリーザーは、トンネル内に食品をコンベアーで搬送して、トンネルを通過する間に冷却した風を当てる冷凍機です。トンネルを出た時には、食品は凍結した状態になっています。
工場のベルトコンベアと連動した大量生産を効率的に行うことができ、中でも比較的小型のもの、薄いものを連続的に凍結するのに適しています。
 
スパイラルフリーザーはトンネルフリーザーのコンベアーをらせん状に縦に組んだもので、トンネルフリーザーに比べ省スペースで連続的に食品を凍結することができます。
 
IQFフリーザーはトンネルフリーザーにコンベアーが振動するなどの機能が加えられたもので、食品をバラバラにして凍結することに適しています。
 
エアブラスト冷凍機が送風する空気の温度は、機種によって違い、マイナス70℃~マイナス35℃程度とさまざまな設定があり、多くの食品を冷凍することができます。そのため、万能フリーザーと呼ばれます。

 
【関連記事】エアブラスト冷凍機
【関連記事】トンネルフリーザー(エアブラスト冷凍機)の利点と注意点
 

急速冷凍機の選び方

専門家が教える 急速冷凍機の正しい選び方ガイド
 
 
【参照】
一般社団法人日本冷凍食品協会「冷凍食品Q&A|冷凍食品の基礎知識」(http://www.reishokukyo.or.jp/frozen-foods/qanda/qanda1/)