「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

【OEM】冷凍食品の商品開発から流通までサポート!小ロットや見積り依頼も対応 パッケージデザインの重要性

冷凍食品の商品開発・販売をお考えなら、OEM委託がおすすめの選択肢です。自社で設備投資をする方法もありますが、まずはOEM業者に委託製造を依頼するところからスタートするケースが非常に多いです。おいしい冷凍研究所では、レシピの開発からOEM先の選定、パッケージデザイン、流通まで、一手に担うことができます。

小ロット生産に対応しているOEM委託先を探している、複数社から見積りを取りたいといったご相談もお気軽にどうぞ。時間をかけて開発した新商品。消費者に商品を選んでもらうためには、その商品の魅力を伝えなければいけません。そして、そのなかで重要な役割を果たすのがパッケージデザインです。

パッケージデザインの重要性

商品が店頭に並んだ際、消費者の目に留まるかどうかが売り上げに関わってきます。そして商品を手に取るきっかけを作るのが「パッケージデザイン」です。

パッケージデザインは、商品のコンセプトや魅力、どんな商品なのか、というイメージを伝える役割を持っています。

「目を引くパッケージ=目立つ・派手なデザイン」という認識でパッケージデザインをしてしまうと、「何を伝えたいのかよくわからないデザイン」「派手だけど統一感がなくうるさいデザイン」になってしまいます。大切なのは何をどう伝えるか、ということです。

避けたいのが、「伝えたいことをすべて詰め込む」という考え方。長い時間をかけて開発をした商品は思い入れが強く、その魅力を余すことなく伝えたいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、パッケージにすべてを記載することは難しく、文字や要素を詰め込み過ぎると、まとまりのないデザインになってしまいます。

商品で一番アピールしたいことを絞り込み、一目見てわかりやすいものにすることがパッケージデザインを作るコツです。

売れるパッケージデザインのポイント

食品ならおいしそうな現物のイメージを

冷凍食品のパッケージデザインなら、現物をおいしそうに表現することです。特に冷凍食品は袋の中身が見えないパッケージを選ぶことが多くなります。

だからこそ食品のおいしそうなイメージ、食べるときの盛り付けイメージを、より魅力的に伝えることが大切です。おいしそうな写真やイラストが印刷されているパッケージはつい手が伸びる、という方も少なくありません。

その商品の世界観が表現できているか

店頭には同じジャンルの他社商品が多数並んでいます。その中から選んでもらうためには、消費者の目を引くだけでなくその商品の世界観を伝えることが大切です。例えば、激辛商品なら真っ赤な色を使う、高級感を出すなら黒や金色を使うなど「らしさ」をうまく取り入れつつ、独自性をだしていく必要があります。

良いパッケージは一目見ただけでお客様が「あ!これは自分のための商品だ!」と思ってもらえるように、ターゲットが絞り込まれたものになります。

シリーズ化するなら統一感を

商品をブランド化し、いくつかラインナップを展開する予定なら、ブランドロゴや使用する色、書体などイメージに統一感を持たせることが大切です。ロゴや色、書体はその後も消費者の記憶に残り、「あの色の商品」「あのロゴの商品」という風に覚えてもらえます。

3つのポイントをご紹介しましたが、商品によって売れるパッケージの条件は異なります。そして、そのパッケージが良いかを決めるのは最終的にはお客様になります。

そこで、おいしい冷凍研究所では必ず複数パターンのデザインを作成して、それを実際のお客様に見てもらう調査を取り入れています。このプロセスを経ることで、独りよがりのデザインを避けて、お客様に届くデザインを作り上げていくことができます。

おいしい冷凍研究所は冷凍食品の商品開発からOEM先候補の選定、パッケージデザインのご提案、販売戦略までワンストップでサポートいたします。商品の開発から携わるため、商品の魅力を十分に理解した上でパッケージを提案することが可能です。

小ロット対応のOEM委託先選定や見積り依頼にも対応!冷凍食品の商品開発はおいしい冷凍研究所へ

案内をする女性

冷凍食品の商品開発、OEM委託をお考えの方は、おいしい冷凍研究所にご相談ください。

冷凍ビジネスのコンサルティングや商品開発、流通までサポートいたします。どこにOEMを委託したらいいのかわからない、小ロット生産をしたい、見積り依頼など、何でもご相談ください。お客様のご希望にあわせ、小ロット対応の委託先や見積り、予算の交渉なども対応いたします。

プロジェクトの大小を問わず、まずはご相談ください。冷凍食品ビジネスの専門家として、お客様に有益な情報をお届けします。

冷凍加工の設備導入に関する豆知識

冷凍食品のOEM業者をお探しならおいしい冷凍研究所へ

会社名 株式会社えだまめ (英名:edamame Inc.)
サイト名 おいしい冷凍研究所
代表取締役 成田博之
設立 2015年9月1日
住所
本社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2丁目1−10 インテックス恵比寿 7F
テストキッチン
〒152-0011 東京都目黒区原町1丁目3−23 メゾンフィールドU101
お問い合わせ お問い合わせはこちら
URL https://frozen-lab.eda-mame.jp/
事業内容
  • 冷凍技術コンサルティング
  • 食品の商品開発
  • マーケティング支援

関連記事