「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ゆず(柚子)を冷凍・保存・解凍調理する方法

さわやかな香りが特徴的なゆず(柚子)は、しぼり汁や皮を風味付けに使ったりして、さまざまな料理で活用されます。本記事では急速冷凍したゆずを活用する方法や、絞り汁などを冷凍・保存・解凍方法を解説します。

ゆずの基本

ゆずには、カリウムやビタミンC、クエン酸が豊富に含まれています。風邪の予防や疲労回復、美肌に効果があるといわれています。果皮には活性酸素の動きを阻止する成分も含まれており、老化防止に役立つとされています。
 
実にハリがあるもの、ヘタの切り口が新しく変色していないもの、よい香りがしているものがよいゆずとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
黄色く熟した黄ゆずの旬は11~1月、熟す前の青ゆずの旬は8~9月とされています。
 
ゆずは酵素反応が少ないため、生の状態で冷凍をした後、凍ったままきざんだりして使うことができます。しぼり汁を使いたい場合は、流水で半解凍してしぼるとよいでしょう。

 
 

ゆずを使った食品の冷凍方法

生ゆず

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
凍ったまますりおろしたり刻んだりして使う。
 

生しぼり汁

しぼった汁を袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事