「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

とうがんを冷凍・保存・解凍調理する方法

「冬瓜」と書きますが、夏野菜のとうがん。本記事では急速冷凍したとうがんを活用する方法や、漬物、茹でとうがん、炒め物、煮物、加熱済みソースなどとうがんを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

とうがんの基本

とうがんの成分のほとんどが水分で、栄養価は低く、低カロリーですが、他の野菜と比較して多く含まれているのがカリウムです。カリウムには利尿作用があり、むくみやだるさの解消に役立つといわれています。
 
ずっしりとした重みがあり、皮の表面に粉をふいているものは完熟したとうがんとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は7~9月とされています。漢字では冬瓜と書くので、冬が旬だと思われがちですが、保存性に優れており、丸のまま冷暗所に置いておけば冬までもつことから、この名前がついたといわれています。
 
とうがんは水分が多い野菜のため、冷凍・解凍をすると食感が悪くなってしまいます。また、解凍時に酵素反応が起こると色が変化してしまいます。
そのため、生のとうがんは細かくカットして冷凍し、凍ったまま加熱をするようにしましょう。
 
加熱済みのとうがんを冷凍した場合は、酵素反応が失活している、もしくは酵素反応が抑えられた状態なので、色の変化を抑えたまま冷凍できます。煮たり炒めたりしておくことで、あらかじめ食感を変化させておけば、冷凍・解凍後の食感の変化もさほど気になりません。
加熱済みのとうがんを冷凍すると、凍ったまますり下ろしたり、フードプロセッサーにかけたりすることで、そのままソースやスープとしても使えます。

 
 

とうがんを使った食品の冷凍方法

カットした生とうがん

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

とうがんの漬物

薄切りにしたとうがんに調味料で味をつけておく。
水分を絞ったうえで、袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍。
水分を軽く絞って食べる。
 

加熱済みのカットとうがん

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
凍ったまま加熱し煮物や炒め物に使える。
凍ったまますり下ろすか、フードプロセッサーにかければ加熱することなくソースやスープとして活用できる。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みとうがんソース、スープ

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事