「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ししとうがらしを冷凍・保存・解凍調理する方法

栄養価が豊富なししとうがらし。本記事では急速冷凍したししとうがらし(獅子唐辛子)を活用する方法や、炒め物、天ぷらなど、ししとうがらしを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

ししとうがらしの基本

ししとうがらしはピーマンと同様に栄養価が豊富な野菜で、疲労回復や免疫力の向上に効果のあるビタミンCをはじめとするビタミン類やカロテンが含まれています。強めの火加減でサッと火を通すと、ビタミン類の損失を防ぐことができます。また、油で調理すると、カロテンの吸収率がアップします。
 
へたと皮の緑色の鮮やかさや、ハリとつやが鮮度の目安とされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は6~8月とされていますが、ハウス栽培等が行われており、通年出回っています。
 
ししとうがらしは中が空洞なので、そのまま冷凍すると乾燥してしまいます。そのため、刻んだものを袋に入れて脱気するなど、空気に触れないように冷凍する必要があります。
冷凍したししとうがらしを調理する場合は酵素反応により色や食感が変化することを防ぐため、凍ったまま加熱して使うなどしましょう。
炒め物、天ぷらなど、あらかじめ加熱を行って酵素が失活したものは問題なく冷凍・解凍できます。

 
 

ししとうがらしを使った食品の冷凍方法

刻んだ生ししとうがらし

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍すると酵素反応により色や食感が変化することがあるため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物・天ぷら

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

天ぷら

ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事