「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

すだちを冷凍・保存・解凍調理する方法

かんきつ類のなかでも強い酸味が特徴のすだちは、薬味や風味づけによく用いられます。本記事では急速冷凍したすだちを活用する方法や、絞り汁などを冷凍・保存・解凍する方法を解説します。

すだちの基本

すだちには、カリウムやビタミンC、クエン酸が豊富に含まれています。風邪の予防や疲労回復、美肌に効果があるといわれています。
 
青々としていて、皮にツヤがあるものがよいすだちとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
すだちの旬は8月下旬~10月中旬とされています。生産量の98%が徳島県産です。
 
すだちは酵素反応が少ないため、生の状態で冷凍をした後、凍ったまますりおろしたり、きざんだりして使うことができます。汁を使う場合は、少し流水で解凍して半解凍の状態で使うとよいでしょう。

 
 

すだちを使った食品の冷凍方法

生すだち

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
凍ったまますりおろしたり刻んだりして使う。
 

生しぼり汁

できたしぼり汁を袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事