「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

おにえびを冷凍・保存・解凍調理する方法

鋭いとげが特徴的で、甘みやうま味が強いおにえびは、刺身や網焼き、みそ汁の具などにぴったり。そんなおにえびを急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

おにえびの基本

おにえびは甘みやうま味が強く、産地ではどのえびよりもおいしいと言われることもあります。体長は10センチを超え、モエビ科の中では大型です。身体中に鋭いとげがあることから、「鬼」えびと呼ばれています。
 
島根県以北の日本海、水深200~300mに生息しています。漁獲量が少ないため、スーパーに並ぶことはほとんどありません。市場でも高値で取引されています。
 
新鮮なものは刺身や鮨ネタとして食べるのもおいしいですが、加熱するとより甘みとうま味が増すので、網焼きにするとよいでしょう。また、うま味の強いみそが詰まった頭をみそ汁の具にするとおいしく食べることができます。
 
旬は2月から6月にかけてです。

 
 

おにえびを使った食品の冷凍方法

おにえびを丸ごと

袋や容器におにえびを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。下処理はしない。
氷漬け冷凍が難しい場合は、ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。
解凍する場合は、氷漬け冷凍のものは氷ごと水に浸ける。それ以外は袋に入れて空気を抜いて氷水解凍。
生えびは冷凍・解凍を行うと関節が黒ずむことがあることを踏まえて冷凍する。
 

おにえびのボイル、焼き物

ボイルは袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)。
焼き物は冷凍後、ラップや包装材で隙間なく包んで保存。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事