「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

さやえんどうを冷凍・保存・解凍調理する方法

さやごと食べられて栄養価が豊富なさやえんどう。本記事では急速冷凍したさやえんどうを活用する方法や、生ペースト、炒め物、煮物、加熱済みソースなどさやえんどうを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

さやえんどうの基本

さやえんどうはカロテンやビタミンC、食物繊維が豊富です。豆の部分には、ビタミンB1やたんぱく質が含まれています。たんぱく質中の必須アミノ酸・リジンには、身体の成長を促進したり、集中力を高めたりする効果があるとされています。
 
鮮やかな緑色をしていてハリがあるもの、また、ひげが白っぽくてピンとしているものが新鮮なさやえんどうとされています。この状態のときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は4~5月とされていますが、ハウス栽培されているため通年出回っています。
 
また、さやえんどうを冷凍して解凍すると、酵素反応によって色が変化したり実の弾力がなくなったりしてしまいます。
そのため、生のさやえんどうを冷凍した場合は、凍ったまま加熱をするようにしましょう。加熱済みのさやえんどうを冷凍した場合は、酵素反応が失活している、もしくは酵素反応が抑えられた状態なので、色や食感の変化を抑えたまま冷凍できます。
加熱済みのさやえんどうは凍ったまますり下ろすことで、ソースとしても使えます。

 
 

さやえんどうを使った食品の冷凍方法

生さやえんどう

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みさやえんどうソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事