「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

えいを冷凍・保存・解凍調理する方法

くせのない淡白な味わいの身のえいは、刺身や煮つけ、煮こごり、酢味噌和え、唐揚げ、ムニエルとして楽しめます。そんなえいを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

えいの基本

えいは平たい体が特徴の軟骨魚類で、くせのない淡白な味わいの身をしていています。古くから親しまれている食材で、一部地域では大晦日や正月、祭りなどの特別な日に食べられることもあります。
 
えいは北海道南部以南に広く分布していて、浅い海の砂泥底に生息しています。根室や稚内など北海道の漁港で主に水揚げされているほか、長崎県や千葉県、新潟県でも水揚げされています。
 
煮つけが定番ですが、煮こごり、茹でた身の酢味噌和え、唐揚げ、ムニエルなどの調理法があります。また、西日本や韓国では、刺身にして食べることが多いです。
 
旬は夏から秋にかけてです。関西では韓国料理などで需要が多いため市場にも出回りますが、関東では流通自体が少なく、エイヒレを目当てにしたヒレだけが流通していることもあります。

 
 

えいを使った食品の冷凍方法

えいのフィレ

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)か、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。
冷凍してから脱気包装をしたり、ラップ等で包んだりしてもよい。
解凍する場合は、氷水解凍。
 

えいの煮つけ、煮こごり、酢味噌和え、唐揚げ、ムニエル

煮つけ、煮こごり、酢味噌和え、ムニエルは袋に入れて脱気包装を行うか、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。
唐揚げは加熱後の食感が失われる場合があるので、脱気包装はせずラップ等で隙間なく包んで冷凍する。
冷凍後に包装を行ってもよい。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理

 
 

魚の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

肉と比べると組織が弱く、冷凍に注意が必要な魚を、美味しく冷凍するポイントを紹介。フィレやむき身、干物、下味がついたものなど、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】種類に合わせて冷凍・解凍を|魚の冷凍・解凍・保存方法

関連記事