「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

しめじ(ぶなしめじ)を冷凍・保存・解凍調理する方法

うま味成分が豊富で、通年出回っていて扱いやすいしめじ(ぶなしめじ)は、和洋中の料理に幅広く使いやすいきのこです。本記事では急速冷凍したしめじを活用する方法や、炒め物、煮物、揚げ物など、しめじを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

しめじの基本

しめじはビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸などを含んでいるほか、食物繊維が豊富です。食物繊維は、便秘の解消やコレステロール値の低下に効果があるといわれています。
 
かさが小ぶりで開き過ぎず、ハリと弾力があるものが、よいしめじとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
しめじの旬は9~10月とされていますが、人工栽培されているため、通年出回っています。
 
しめじは冷凍・解凍してもさほど色や食感が変わりにくい性質をもっています。
生のしめじを冷凍した場合は、凍ったまま加熱をすれば、調理をする際に便利に使えます。
石突をとってバラバラにして冷凍していると使いやすいでしょう。
また、冷凍によって組織が損傷するとうま味成分が染み出しやすくなるため、汁物や煮物などに入れれば、しめじのうま味を感じやすくなります。
 
茹でたり炒めたりした加熱済みのしめじは、酵素が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。

 
 

しめじを使った食品の冷凍方法

生しめじ

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物、揚げ物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事