「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

うにを冷凍・保存・解凍調理する方法

濃厚なうま味と甘みをもつうには、刺身や鮨ネタ、うに丼、焼きうに、蒸しうに、塩うにとして楽しめます。そんなうにを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

うにの基本

うには、濃厚なうま味と甘みをもっています。日本でよく食べられるうには、えぞばふんうにときたむらさきうにで、この2種類で全体の90%を占めています。
 
えぞばふんうには太平洋側は福島県以北、日本海側では山形県以北に生息しており、きたむらさきうには、太平洋側は相模湾以北、日本海側は本州西端以北に生息しています。
うにの漁獲量トップは北海道で50%超のシェアを誇ります。続いて、岩手県、青森県、宮城県など東北地方での漁獲が多くなっています(2015年現在)。
 
刺身や鮨ネタ、うに丼など生食されることが多いです。そのため、鮮度が重要視されています。そのほか、焼きうに、蒸しうに、保存用として塩を用いた塩うにとしても利用されています。
 
うにの旬は夏です。8月中旬から10月にかけての産卵期を控えた頃は、最も実入りよくおいしいとされています。

 
 

うにを使った食品の冷凍方法

うにを丸ごと(殻付き)(むき身)

生うにを冷凍すると身が溶けてしまいます。
殻付きやむき身で生うにを冷凍し、商品化する場合は、専門家へのご相談をおすすめします。

 

焼きうに、蒸しうに

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)か、ラップや包装材で隙間なく包んで冷凍。
もしくは、冷凍後にラップや包装材で隙間なく包んで保存してもよい。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事