「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

さくらえびを冷凍・保存・解凍調理する方法

現職:東京海洋大学産学・地域連携推進機構特任教授。
経歴:東京水産大学(現・東京海洋大学)食品工学専攻修士修了。日本酸素株式会社(現・大陽日酸株式会社)で冷凍食品研究開発および低温利用機器・システムの研究開発に従事。東京大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程(食品工学研究室)中退。東京水産大学(現 ・東京海洋大学)水産学部助手を経て2004年から教授。2019年3月に同退職後、現職に至る。

監修者

現職:東京海洋大学産学・地域連携推進機構特任教授。
経歴:東京水産大学(現・東京海洋大学)食品工学専攻修士修了。日本酸素株式会社(現・大陽日酸株式会社)で冷凍食品研究開発および低温利用機器・システムの研究開発に従事。東京大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程(食品工学研究室)中退。東京水産大学(現 ・東京海洋大学)水産学部助手を経て2004年から教授。2019年3月に同退職後、現職に至る。

透き通ったピンク色が特徴のさくらえびは、刺身や素揚げ、かき揚げ、干物などにぴったり。そんなさくらえびを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

さくらえびの基本

さくらえびは、体長4センチほどの大きさですが、うま味がたっぷりと詰まっているのが特徴です。身体の色が透き通ったピンク色であり、桜の花びらに似ていることから、さくらえびと呼ばれています。
 
東京湾や相模灘、駿河湾の深海に生息していますが、日本国内での漁獲は駿河湾が100%を占めており、4~6月、10~12月が漁期となっています。6月11日~9月中は繁殖期のため禁漁、冬の間はさくらえびが海深く潜っているため休漁です。
 
さくらえびの産地付近では釜揚げにすることもありますが、一般的には刺身や素揚げ、かき揚げ、干物として調理されます。干物(干しエビ)は独特の食感と旨味が人気で、お好み焼きやかき揚げに使われるほか、出汁としても使われます。
 
さくらえびの旬は名前の通り、桜の時期になります。秋に獲れるものよりも、サイズが大きくなります。

 
 

さくらえびを使った食品の冷凍方法

さくらえびを丸ごと

袋や容器にさくらえびを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。
氷漬け冷凍が難しい場合は、ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。
解凍する場合は、氷漬け冷凍のものは氷ごと水に浸ける。それ以外は袋に入れて空気を抜いて氷水解凍。
 

さくらえびの釜揚げ、素揚げ、かき揚げ

釜揚げは袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)。
素揚げ、かき揚げは冷凍後、ラップや包装材で隙間なく包んで保存。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事