「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

だいこん(大根)を冷凍・保存・解凍調理する方法

成分の大半が水分ですが、ビタミンCが豊富で、さまざまな調理法で親しまれているだいこん(大根)。本記事では急速冷凍しただいこんを活用する方法や、だいこんおろし、炒め物、煮物などだいこんを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

だいこんの基本

だいこんの成分のほとんどが水分ですが、ビタミンCと消化酵素のジアスターゼが多く含まれています。ジアスターゼは熱に弱いため、生のまま食べるのが効果的といわれています。
また、葉にはカロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。
 
葉はみずみずしく鮮やかな緑色のもの、根はハリとツヤがあり、ひげ根がすくないものがよいだいこんとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は7~8月、11~3月とされています。全国的に栽培されており、春は千葉、夏は北海道、秋冬は宮崎や千葉、神奈川のものが旬となります。
 
また、だいこんは冷凍・解凍をしてもさほど色の変化がありません。このため、凍ったまますり下ろして解凍し、だいこんおろしとして使うことができます。また、だいこんおろしの状態にして冷凍すれば、解凍してそのまま使えます。
ただし、カットした生のだいこんを冷凍した場合は、一度解凍すると水分が流出して食感が悪くなるため、凍ったまま煮込むなど、加熱をするようにしましょう。
加熱済みや味付けをしただいこんを冷凍した場合は、問題なく食べることができます。
だいこんの葉は、さっと茹でて水分を絞れば冷凍できます。

 
 

だいこんを使った食品の冷凍方法

カットした生だいこん

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
凍ったまますりおろして、大根おろしとして使ってもよい。
 

だいこんおろし

袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

茹でた大根の葉(おひたし)

さっと茹でて水分を絞る。
袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事