「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

すもも(プラム、プルーンほか)を冷凍・保存・解凍調理する方法

やや酸味が強く、日本すもも(プラム)や西洋すもも(プルーン)など、種類も多いすもも。それぞれに栄養素が豊富で健康食品としても人気が高いフルーツです。本記事ではすももを急速冷凍し、活用する方法を解説します。

すももの基本

すももは日本すもも(プラム)と西洋すもも(プルーン)に大別されます。
日本すももは果汁が多いほか、カリウムが豊富に含まれており、高血圧予防に効果があるとされています。
西洋すももはミネラル、ビタミンをバランスよく含んでおり、鉄分、カリウム、カルシウム、亜鉛、食物繊維が豊富です。
 
皮の色が鮮やかでハリがあるもの、表面に白い粉(ブルーム)がついているものがよいすももとされています。この状態がよいものを食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
すももの旬は6~8月とされており、山梨県や長野県、和歌山県で主に収穫されています。
 
生のすももは冷凍をすると、冷凍保管中に変色してしまう性質を持っています。そのため、砂糖など調味料を加えるか、加熱をしてから冷凍保存する必要があります。
変色が気にならない場合は、生のまま冷凍できます。解凍をすると水分が流出して食感が悪くなってしまうため、凍ったまま食べたり調理したりするようにしましょう。
 
加熱済みのすももは、食感が既に変化しており、色の変化も少ないため、問題なく冷凍・解凍できます。凍ったままフードプロセッサーなどにかけることで、加熱なしでソースにしたりして使うことができます。

 
 

すももを使った食品の冷凍方法

生のすもも

丸ごと袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
皮をむいてカットしたものを包装して冷凍してもよい。
冷凍保存中に色が悪くなることは留意しておく。
解凍する場合は、凍ったまま半解凍状態で食べるか、凍ったまま調理をする。
 

はちみつ・砂糖・酒漬け

袋に入れて脱気包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

焼きすもも、コンポート

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

ジャム

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

果物を使ったケーキ・デザートの冷凍・保存・解凍について

果物・フルーツは、生の状態で凍らせると解凍時に食感が維持できず、ドリップが出て水っぽくなってしまうことがあり、注意が必要です。
果物を使ったケーキやデザートの急速冷凍・保存・解凍の方法を紹介します。
【関連記事】フルーツに注意|ケーキ・デザート類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事