「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ももを冷凍・保存・解凍調理する方法

甘くジューシーでとろけるような果肉をもつももは、常温ではあまり日持ちがせず、冷蔵すると甘みが落ちてしまう性質があります。本記事ではももを急速冷凍し、活用する方法を解説します。

ももの基本

ももには、便秘解消に効く食物繊維のペクチンや、血行を促進する鉄分やマグネシウムが豊富です。また、老化防止やがん予防の効果があるといわれているカテキンも含まれています。
 
全体に産毛がまんべんなくはえているもの、左右対称のものがよいももとされています。
食べごろは軸のまわりの青みがなくなったとき。この状態のときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
ももの旬は7~9月とされており、山梨県や福島県、長野県で主に収穫されています。
 
ももは冷凍をすると、冷凍保管中に変色してしまう性質を持っています。そのため、変色を防いで冷凍をする場合には、加熱をしてから保存する必要があります。
変色が気にならない場合は、生のまま冷凍保存できますが、解凍時に水分が流出して食感が悪くなってしまうので、凍ったまま食べたり調理に使ったりしましょう。
 
加熱済みのももは食感が既に変化しており、解凍時の色の変化も少ないため、問題なく冷凍・解凍できます。凍ったままフードプロセッサーなどにかけることでソースにしたりして使うことができます。

 
 

ももを使った食品の冷凍方法

生のもも

丸ごと袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
カットしたものを包装して冷凍してもよい。
冷凍保存中に色が悪くなることは留意しておく。
解凍する場合は、凍ったまま半解凍状態で食べるか、凍ったまま調理をする。
 

焼きもも、コンポート

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

ジャム

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

果物を使ったケーキ・デザートの冷凍・保存・解凍について

果物・フルーツは、生の状態で凍らせると解凍時に食感が維持できず、ドリップが出て水っぽくなってしまうことがあり、注意が必要です。
果物を使ったケーキやデザートの急速冷凍・保存・解凍の方法を紹介します。
【関連記事】フルーツに注意|ケーキ・デザート類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事