「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

あさりを冷凍・保存・解凍調理する方法

濃厚な旨味を持つ出汁が魅力のあさりは、酒蒸しやワイン蒸し、味噌汁、すまし汁、炊き込みご飯、佃煮、スパゲッティ、クラムチャウダー、ブイヤベースとして楽しめます。そんなあさりを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する適切な方法を紹介します。

あさりの基本

あさりは、日本人の食卓にはもっとも馴染み深い貝として知られています。海辺で手軽に獲れることから「漁る」が転じて「あさり」となったと言われます。また、浅い場所に生息していることから、浅貝の意味する説もあります。
 
北海道から九州にかけて広く生息しています。かつてはほとんど国産でまかなっていましたが、乱獲や埋め立てによる砂浜の減少などにより漁獲量は激減し、現在では中国や韓国からの輸入物が国産を上回っています。
 
濃厚な旨味を持つ出汁が出るので、酒蒸しやワイン蒸しにすると、おいしく食べることができます。利用用途が広く、和食では、味噌汁やすまし汁、炊き込みご飯、佃煮、洋食では、スパゲッティ、クラムチャウダー、ブイヤベースなどに利用されています。
 
あさりの旬は3月から5月にかけてと言われています。春の産卵に向けて身が肥えています。なお、あさりの値段は味や産地ではなく、大きさで決まります。

 
 

あさりを使った食品の冷凍方法

あさりを丸ごと(殻付き)

袋や容器にあさりを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。下処理はしない。
解凍する場合は、氷ごと鍋やフライパンで凍ったまま加熱する。
一度解凍すると殻が開かなくなることがあるため、解凍しない。
 

あさりを丸ごと(むき身)

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)。
もしくは、ラップ等で隙間なく包んで冷凍。
解凍する場合は、氷水解凍。
 

あさりの酒蒸し、ワイン蒸し、味噌汁、すまし汁、炊き込みご飯、佃煮、スパゲッティ、クラムチャウダー、ブイヤベース

酒蒸し、ワイン蒸し、味噌汁、すまし汁、クラムチャウダー、ブイヤベースは汁ごと袋に入れて脱気包装(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)をして冷凍。
炊き込みご飯、佃煮、スパゲッティは、袋に入れて脱気包装をするか、ラップに包んで包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事