「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

まいたけ(舞茸)を冷凍・保存・解凍調理する方法

歯ごたえがあって独特の香りをもつまいたけ(舞茸)。最近は旬に関係なく通年流通するようになり、身近な食材になっています。本記事では急速冷凍したまいたけを活用する方法や、炒め物、煮物、揚げ物など、まいたけを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

まいたけの基本

まいたけには、ビタミンB1、B2、ナイアシン、日に当たるとビタミンDになるエルゴステロールなどのビタミン類とミネラルが含まれています。豊富に含まれているβ-グルカンは、抗腫瘍効果や免疫力アップの効果があるといわれています。
 
肉厚で密集しているもの、触るとパリッと折れるようなものが、よいまいたけとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
まいたけの旬は10~11月とされていますが、ほとんどが人工栽培であるため、実質的には旬はなく、通年出回っています。
 
まいたけは冷凍・解凍してもさほど色や食感が変わりにくい性質をもっています。
生のまいたけを冷凍した場合は、凍ったまま加熱をすれば、調理をする際に便利に使えます。
また、冷凍によって組織が損傷するとうま味成分が染み出しやすくなるため、汁物や煮物などに入れれば、まいたけのうま味を感じやすくなります。
 
茹でたり炒めたりした加熱済みのまいたけは、酵素が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。

 
 

まいたけを使った食品の冷凍方法

生まいたけ

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物、揚げ物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事