「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

かぼすを冷凍・保存・解凍調理する方法

まろやかな酸味が特徴のかぼすは、鍋物や吸い物に活用される柑橘類です。本記事では急速冷凍したかぼすを活用する方法や、絞り汁などの冷凍・保存・解凍方法を解説します。

かぼすの基本

かぼすには、カリウムやビタミンC、クエン酸が豊富に含まれています。皮にはポリフェノールの一種であるスダチチンが含まれており、脂質の代謝を改善し、体重増加を抑制する効果があるといわれています。
 
濃い緑色をしていてツヤがあるもの、表面に傷がなく重量感があるものがよいかぼすとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
かぼすの旬は8~11月とされています。
 
かぼすは酵素反応が少ないため、生の状態で冷凍をした後、凍ったままきざんだりして使うことができます。しぼり汁を使いたい場合は、流水で半解凍してから絞るとよいでしょう。

 
 

かぼすを使った食品の冷凍方法

生かぼす

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
凍ったまますりおろしたり刻んだりして使う。
 

生しぼり汁

できたしぼり汁を袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事