「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ほたてがいを冷凍・保存・解凍調理する方法

舌触りと風味の良さが魅力のほたてがいは、鮨ネタや刺身、フライやバター焼き、グラタン、煮込みとして楽しめます。そんなほたてがいを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する適切な方法を紹介します。

ほたてがいの基本

ほたてがいは、舌触りと風味の良さが特徴的な貝です。貝殻が船の帆が風をはらんだような形であることから、「帆立(ほたて)」と呼ばれるようになったと言われています。
 
東北以北の浅海の砂底に生息しています。主に北海道から出荷されており、北海道の噴火湾、オホーツク海、青森県の陸奥湾などで養殖が盛んです。
 
新鮮なものは鮨ネタや刺身として食べることができます。そのほか、フライやバター焼き、グラタン、煮込みなど、さまざまな調理方法で利用されています。また、干し貝柱は中華料理に欠かせない食材です。
 
ほたてがいの旬は冬から春にかけてです。3月頃がもっともおいしく、身が厚くなりうま味も増しています。

 
 

ほたてがいを使った食品の冷凍方法

ほたてがいを丸ごと(殻付き)

※注意※

ほたてがいの殻付き冷凍を行う際は、細かな注意点を守る必要があります。
殻付きの冷凍ほたてがいを製造する場合は、専門家へのご相談をおすすめします。
 

ほたてがいを丸ごと(むき身)

下処理をしたうえで袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)。
もしくは、ラップ等で隙間なく包んで冷凍。
解凍する場合は、氷水解凍。
 

ほたてがいのバター焼き、グラタン、煮込み

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)か、ラップや包装材で隙間なく包んで冷凍。
もしくは、冷凍後にラップや包装材で隙間なく包んで保存してもよい。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

ほたてがいのフライ

揚げる前であれば、衣をつけて冷凍し、ラップ等で包装する。
揚げた後であれば、冷凍しラップ等で包装する。衣が潰れないように注意する。
解凍する場合は、自然解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事