「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

きんきを冷凍・保存・解凍調理する方法

脂が乗っており、まろやかな甘みがあるきんきは、刺身やしゃぶしゃぶ、焼き魚、煮魚、鍋として楽しめます。そんなきんきを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

きんきの基本

きんきは白身魚で、脂が乗っておりまろやかな甘みがあります。北海道、東北では古くから親しまれており、人気の高い魚です。一般的にはきんきと呼ばれますが、元々宮城県での呼称であった「きちじ」が和名となっています。
 
北海道東部、オホーツク海、ベーリング海の深海に多く生息しています。北海道が漁獲量の50%以上を占めており、岩手県、青森県、宮城県と東北地方が続いています。
 
刺身やしゃぶしゃぶ、焼き魚、煮魚、鍋の材料などさまざまな調理法があります。小柄なものは丸ごと唐揚げにすることもあります。また、北海道ではたいが獲れないため、お祝いの席ではたいの代わりに用いられることもあります。
 
旬はきんきの産卵前の秋から冬にかけてと言われており、最も脂が乗っている時期です。ただ、年間を通して入荷があり味も良いので、一年中楽しめる魚です。

 
 

きんきを使った食品の冷凍方法

きんきを丸ごと

袋や容器にきんきを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。
冷凍する際に内臓を取り出すなど下処理はしない。
氷漬け冷凍が難しい場合は、ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。
解凍する場合は、氷ごと水を張った容器に入れて解凍する(氷水解凍)。
 

きんきのフィレ

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)か、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。
冷凍してから脱気包装をしたり、ラップ等で包んだりしてもよい。
解凍する場合は、氷水解凍。
 

きんきの煮魚、焼き魚

煮魚は袋に入れて脱気包装を行うか、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。
焼き魚は加熱後の食感が失われる場合があるので、脱気包装はせずラップ等で隙間なく包んで冷凍する。
冷凍後に包装を行ってもよい。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

魚の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

肉と比べると組織が弱く、冷凍に注意が必要な魚を、美味しく冷凍するポイントを紹介。フィレやむき身、干物、下味がついたものなど、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】種類に合わせて冷凍・解凍を|魚の冷凍・解凍・保存方法

関連記事