「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

長ねぎ(長葱)を冷凍・保存・解凍調理する方法

冬野菜で鍋物などによく使われる長ねぎ(長葱)は、栄養価が高いため、薬用野菜としても利用されてきました。本記事では急速冷凍した長ねぎを活用する方法や、生ペースト、炒め物、煮物、ソースなど、長ねぎを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

長ねぎの基本

長ねぎは、白い葉鞘部にはビタミンCが多く、緑の部分にはカロテンやカルシウム、ビタミンKが豊富に含まれています。香りの成分であるアリシンは、ビタミンB1の吸収を助けるだけでなく、血行促進や疲労回復、殺菌などの効果があるといわれています。
 
巻きがしっかりしていてフカフカしていないもの、切り口がきれいでみずみずしいものがよい長ねぎとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
長ねぎの旬は11~2月とされていますが、通年出回っています。
 
長ねぎを冷凍して解凍すると、色はさほど変わりませんが、水分が流出して弾力がなくなってしまいます。
そのため、生の長ねぎを冷凍した場合は、凍ったまま調理・加熱をするようにしましょう。
小口切りにした長ネギは、細かく切ることで食感の変化が気にならなくなるため、生のまま使うことができます。
 
茹でたり炒めたりした加熱済み長ねぎは、酵素反応が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。
ただし、生の長ねぎを加熱調理した場合に比べ、シャキシャキした食感が失われてしまうことには注意しておきましょう。
 
加熱済みの長ねぎは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

長ねぎを使った食品の冷凍方法

生長ねぎ

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 
もしくは、小口切りにして袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時は、自然解凍もしくは凍ったまま加熱調理に使う。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済み長ねぎソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事