「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

こういかを冷凍・保存・解凍調理する方法

身の厚さと甘みが特徴のこういかは、鮨ネタや刺身、煮つけや焼き物、天ぷらなどにぴったり。そんなこういかを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

こういかの基本

こういかは、身が厚く甘みがあるのが特徴です。体内に甲(貝殻)をもっていることから、こういかと呼ばれています。大量にスミを吐くことから、すみいかと呼ばれることもあります。
 
関東以南の熱帯、温帯の浅い海に生息しています。外洋を泳ぎ回ることはあまりなく、もっぱら海底に住んでいます。瀬戸内海沿岸各地や九州での漁獲が多くなっています。
 
鮮度の良いものは鮨ネタや刺身として食べることができます。そのほか、加熱しても身がかたくなりにくいため、煮つけや焼き物、天ぷらで調理されることも多いです。また、イカスミはパスタやリゾットに利用されています。
 
こういかの旬は、冬から春にかけてです。夏に新いかとして入荷が始まり、寒い時期になると身が厚く甘くなっていきます。なお、こういかは産卵後には死んでしまうこともあります。

 
 

こういかを使った食品の冷凍方法

こういかを丸ごと

袋や容器にこういかを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。下処理はしない。
氷漬け冷凍が難しい場合は、ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。
解凍する場合は、氷漬け冷凍のものは氷ごと水に浸ける。それ以外は袋に入れて空気を抜いて氷水解凍。
 

こういかのフィレ(生食用)

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)。
もしくは、ラップ等で隙間なく包んで冷凍。
解凍する場合は、氷水解凍。
 

こういかのボイル、煮つけ、焼き物、天ぷら

ボイルや煮つけ、焼き物は袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)。
天ぷらは冷凍後、ラップや包装材で隙間なく包んで保存。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

魚の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

肉と比べると組織が弱く、冷凍に注意が必要な魚を、美味しく冷凍するポイントを紹介。フィレやむき身、干物、下味がついたものなど、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】種類に合わせて冷凍・解凍を|魚の冷凍・解凍・保存方法

関連記事