「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

かわえびを冷凍・保存・解凍調理する方法

広範囲の川や池、湖に生息し、身近な食品であるかわえびは、素揚げ、から揚げ、佃煮、だしなどにぴったり。そんなかわえびを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

かわえびの基本

かわえびは、川や池などの淡水に住むえびです。かわえびには「すじえび」や「てながえび」の種類がありますが、この2種は食べ方や味は同じです。
 
北海道から九州、屋久島、種子島の河川や湖に生息しています。かつては多くの河川や湖で漁獲されましたが、開発が進むとだんだんと漁獲量が減っていきました。今でもてながえびは茨城県の霞ヶ浦等で多く漁獲され、すじえびも首都圏の川でも獲れるほどですが、世界中から輸入もされています。
 
かわえびは素揚げにされることが多いほか、から揚げや佃煮、出汁として用いられています。
 
すじえびは秋から冬、てながえびは夏が旬になっています。

 
 

かわえびを使った食品の冷凍方法

かわえびを丸ごと

袋や容器にかわえびを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。下処理はしない。
氷漬け冷凍が難しい場合は、ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。
解凍する場合は、氷漬け冷凍のものは氷ごと水に浸ける。それ以外は袋に入れて空気を抜いて氷水解凍。
生えびは冷凍・解凍を行うと関節が黒ずむことがあることを踏まえて冷凍する。
 

かわえびの素揚げ、唐揚げ、佃煮

素揚げ、から揚げは冷凍後、ラップや包装材で隙間なく包んで保存。
佃煮は袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事