「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

はまぐりを冷凍・保存・解凍調理する方法

うま味に富んだ身が特徴的なはまぐりは、刺身や鮨ネタ、焼きはまぐり、煮物、汁物、酒蒸しやワイン蒸し、天ぷら、ブイヤベース、パエリアとして楽しめます。そんなはまぐりを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

はまぐりの基本

はまぐりは、うま味に富んだ身が特徴的な貝です。形が栗に似ていることから、「浜栗(はまぐり)」と呼ばれるようになったと言われています。また、はまぐりの殻は二枚がぴたりと重なることから、「夫婦和合」の意味で縁起が良いとされており、結婚式やひなまつりなどで欠かせない縁起物となっています。
 
北海道南部から九州にかけて広く生息しています。かつては国産のものも多く漁獲されましたが、現在では鹿島灘や伊勢湾、周防灘、有明海の一部でしか獲れていません。市場に出ているものの多くは、中国産のしなはまぐりです。
 
新鮮なものは刺身にしたり、煮はまぐりを鮨ネタとして利用したりします。シンプルに焼きはまぐりにしてもおいしく、煮物や汁物にしてもうま味が活かされます。そのほか、酒蒸しやワイン蒸し、天ぷら、ブイヤベース、パエリアなどにも利用されます。
 
はまぐりの旬は春です。夏の産卵期に向けて身が肥えています。また、水温の低い冬は身の成長は止まりますが、栄養分が蓄えられるため、うま味が増します。

 
 

はまぐりを使った食品の冷凍方法

はまぐりを丸ごと(殻付き)

※注意※

はまぐりの殻付き冷凍を行う際は、細かな注意点を守る必要があります。
殻付きの冷凍はまぐりを製造する場合は、専門家へのご相談をおすすめします。
 

はまぐりを丸ごと(むき身)

袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)。
もしくは、ラップ等で隙間なく包んで冷凍。
解凍する場合は、氷水解凍。
 

焼きはまぐり、煮物、汁物、酒蒸し、ワイン蒸し、天ぷら、ブイヤベース、パエリア

煮物、汁物、酒蒸し、ワイン蒸し、味噌汁、ブイヤベースは汁ごと袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎると食品が潰れる場合があるので注意)。
焼きはまぐり、パエリアは、袋に入れて脱気包装をするか、ラップに包んで包装して冷凍。
天ぷらは焼成後の食感が失われる場合があるので、脱気包装はせずラップ等で隙間なく包んで冷凍する。冷凍後に包装してもよい。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

貝・甲殻類の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

冷凍すると乾燥しやすい貝・甲殻類を美味しく冷凍するポイントを紹介。乾燥を防ぐ方法や、食品に合わせた冷凍・保存・解凍方法などを詳しく紹介します。
【関連記事】殻がポイント|貝・甲殻類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事