「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ブルーベリーを冷凍・保存・解凍調理する方法

眼精疲労に効果があるとされて、健康食品としても活用されるブルーベリーは、あまり日持ちしないものの、冷凍耐性が高いため、冷凍された状態での流通が盛んに行われています。本記事ではブルーベリーを急速冷凍し、活用する方法を解説します。

ブルーベリーの基本

ブルーベリーは食物繊維の含有量が生果ではトップクラスを誇ります。ほかにもブルーの色素であるアントシアニンが視野を広くしたり、夜間視力を向上させたりする効果があるといわれています。
 
皮の色が濃くブルームが多いもの、大粒でつぶれていないものがよいブルーベリーとされています。この状態がよいものを食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
ブルーベリーの旬は6~8月とされており、主に長野県、茨城県、群馬県で生産されています。
 
また、ブルーベリーは生のまま冷凍しても、解凍時には食感がほどほどに戻る性質をもっています。
加えて、凍ったまま食べたり、凍ったまますり下ろしてピューレにしたりすれば、わずかな食感の変化が気になりません。凍ったまま加熱調理に使ってもよいでしょう。
 
加熱済みのブルーベリーは、食感が既に変化しているため問題なく冷凍・解凍できます。凍ったままフードプロセッサーなどにかけることでピューレやソースにして使うことができます。

 
 

ブルーベリーを使った食品の冷凍方法

生ブルーベリー

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する際には、氷水解凍を行う。解凍後は生のものと比較してやや食感は落ちてしまう。
食感の劣化が気になる場合は、半解凍の状態で食べるか、凍ったままカットしたりすりおろしたりして使う。
加熱をする場合は、凍ったまま調理する。
 

生ピューレ

できたピューレを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、氷水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

焼きブルーベリー、コンポート

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

ジャム

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

果物を使ったケーキ・デザートの冷凍・保存・解凍について

果物・フルーツは、生の状態で凍らせると解凍時に食感が維持できず、ドリップが出て水っぽくなってしまうことがあり、注意が必要です。
果物を使ったケーキやデザートの急速冷凍・保存・解凍の方法を紹介します。
【関連記事】フルーツに注意|ケーキ・デザート類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事