「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ピーマンを冷凍・保存・解凍調理する方法

栄養価が豊富で、日本各地で1年中栽培されているピーマン。本記事では急速冷凍したピーマンを活用する方法や、炒め物など、ピーマンを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

ピーマンの基本

ピーマンは栄養価が豊富な野菜で、ビタミンCはトマトの約4倍も含まれているといわれています。そのほか、カロテンやビタミンE、カリウムなども含まれています。また、においの成分であるピラジンに血をサラサラにする効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防のために注目されています。
 
鮮やかな緑色と、皮のハリとつやがピーマンの鮮度のよさを示しているといわれます。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は6~9月とされていますが、さまざまな地域で特徴のある品種が栽培されているため、それぞれおいしい時期が違います。
 
また、ピーマンは中が空洞なので、そのまま冷凍すると乾燥してしまいます。そのため、基本的には刻んだものを袋に入れて脱気するなど、空気に触れないように冷凍する必要があります。
冷凍したピーマンを調理する場合は、凍ったまま加熱して使うなどしましょう。加熱により、酵素を失活させることができます。
炒め物など、冷凍前に加熱によって酵素を失活させたものは問題なく冷凍・解凍できます。

 
 

ピーマンを使った食品の冷凍方法

刻んだ生ピーマン

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包んで冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、解凍せず凍ったまま加熱する。
 

炒め物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事