「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

まめ類を冷凍・保存・解凍調理する方法

さまざまな栄養素をバランスよく含んでいる豆類は、世界中で親しまれている食材です。乾燥した豆は長期保存できますが、本記事では茹でた豆を急速冷凍して活用する方法や、炒め物、煮物、ソースなどまめを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

まめの基本

まめはカルシウムやカリウム、ビタミンB1、食物繊維などの栄養素をバランスよく含んでいます。特に、大豆は他のまめと比べてたんぱく質と脂質が多いため、「畑の肉」と呼ばれています。
形や粒が整っていて、色ツヤがよいものが新しくよい豆とされています。状態がよい豆を選んで調理し、食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬はなく、1年中おいしく食べることができます。
 
乾燥したまめは、冷暗所で長く保管できますが、茹でた豆は早めに食べる必要があります。
茹でたまめを長期保存する場合は、乾燥防止の包装を行って冷凍保存するようにしましょう。
茹でたまめを冷凍した場合は、凍ったままフードプロセッサーにかけると、加熱なしでソースやマッシュとしても使えて便利です。

 
 

まめを使った食品の冷凍方法

炒め物、煮物、茹でたまめ

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みまめソース、マッシュ

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事