「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

アスパラガスを冷凍・保存・解凍調理する方法

春から初夏にかけて旬を迎えるアスパラガスは、色が鮮やかで栄養素が豊富な緑黄色野菜。本記事では急速冷凍したアスパラガスを活用する方法や、生ペースト、炒め物、煮物、ソースなど、アスパラガスを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

アスパラガスの基本

アスパラガスには、カロテン、ビタミンC、E、B群が多く含まれています。また、アスパラギン酸は疲労回復やスタミナ増強に、ルチンは毛細血管を丈夫にして動脈硬化の予防に効果があるといわれています。
 
穂先が締まっているもの、鮮やかな緑色で全体にハリがあるもの、切り口が丸くて白くみずみずしいものがよいアスパラガスとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
生食をする場合は、色が鮮やかでハリのよいものを早めに食べましょう。
 
アスパラガスの旬は5~6 月とされています。ハウス栽培等が行われており、旬と比べて少量ではありますが通年出回っています。
 
また、アスパラガスは加熱なしで冷凍すると、解凍時に加熱をしても筋っぽくなってしまい、食感が悪くなってしまうので注意しましょう。食感の変化の影響を抑えるためには、さっと茹でて水分をふき取ったうえで冷凍をするとよいでしょう。
 
茹でたり炒めたりしたアスパラガスは、酵素反応が失活しており、加熱により繊維も柔らかくなっているため、問題なく冷凍・解凍できます。
ただし、生のアスパラガスを加熱調理した場合に比べ、やや柔らかくなってしまうことには注意しておきましょう。

 
 

アスパラガスを使った食品の冷凍方法

茹でたアスパラガス

さっと茹でたアスパラガスの水分をふき取る。
袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みアスパラガスソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事