「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

りんごを冷凍・保存・解凍調理する方法

ほどよい酸味と甘みが特徴で、栄養が豊富なりんごは、長期保存する技術も開発され、通年手に入る身近なフルーツです。本記事では急速冷凍したりんごを活用する方法を解説します。

りんごの基本

りんごにはカリウムや食物繊維、有機酸、ビタミンC、ミネラル類が豊富に含まれています。りんごに含まれる栄養素には、高血圧予防や血中コレステロールの低下、便秘解消、疲労回復、虫歯予防といった効能があるといわれています。
 
上から見てきれいな円形をしており、軸が中心にあるもの、お尻の中心の花の跡が締まっているものが、よいりんごとされています。赤いものは全体の赤みが強くなりお尻が黄色くなったころ、青い品種は全体が黄緑になるころが食べごろです。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
りんごの旬は10~12月とされており、青森県や長野県、岩手県で主に収穫されています。
 
りんごは加熱なしで冷凍すると、冷凍保存中に色が変色することがあります。色の変色が気にならない場合は、加熱なしで冷凍し、凍ったまますりおろしたり、調理に使ったりしてもよいでしょう。
 
加熱済みのりんごは、酵素が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。凍ったままフードプロセッサーにかけることで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

りんごを使った食品の冷凍方法

生ピューレ

酵素反応を抑えるために、砂糖などの調味料で味をつけておく。
変色が気になる場合は、一度煮ておく。
できたピューレを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

焼きりんご、コンポート

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

りんごジャム

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

果物を使ったケーキ・デザートの冷凍・保存・解凍について

果物・フルーツは、生の状態で凍らせると解凍時に食感が維持できず、ドリップが出て水っぽくなってしまうことがあり、注意が必要です。
果物を使ったケーキやデザートの急速冷凍・保存・解凍の方法を紹介します。
【関連記事】フルーツに注意|ケーキ・デザート類の冷凍・解凍・保存方法

関連記事