「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

【食品】解説・事業再構築補助金の申請代行

2021年に新設された「事業再構築補助金」。コロナ禍による社会情勢の変化で売上が落ち込んだ事業者の現状打開を支援するために設立された補助金です。 申請には最大A4で15枚にのぼる事業計画書の作成や、資金調達、業者からの見積取得など準備事項が多く、申請に課題を感じる事業者も少なくありません。株式会社えだまめは、そんな事業者の皆様をサポートすべく申請書作成の代行サービスを実施しています。

本記事では、株式会社えだまめが実施する事業再構築補助金の申請書作成代行サービスについてご説明します。






事業再構築補助金とは?

事業再構築補助金は中小企業庁により実施される補助金です。


公募要領や他の資料によると、2021年から2022年にかけて、計5回程度の公募が予定されています。


第一次締切は2021年4月30日となっています。


この補助金に注目が集まっている理由は、その補助率2/3、補助上限6,000万円※とこれまでにない率と額が設定された点でしょう(※一般枠の場合)。


これまで多くの補助金で経費として算入できなかった建物費も補助対象となったため、セントラルキッチン建設や新分野店舗の設立について、費用負担を抑えて実施することが可能になります。


一方で、事業再構築補助金を申請するためには、複雑な当てはめが必要な事業再構築指針に沿った事業計画を立て、かつその計画は年3%の付加価値向上を達成する内容であることが求められます。


導入費用について巨額の補助を得ることも可能ですが、事業計画上で得られる利益に対してあまりに設備費用が過大であれば、審査での評価も低くなってしまうでしょう。 これらのことから、事業再構築補助金の申請については、計画を立てる段階から複雑な検討と準備が必要になっています。



株式会社えだまめの申請代行サービス

株式会社えだまめでは、事業再構築補助金の申請をご検討の食品関連事業者の皆様のために、申請をサポートし、申請書類の作成を代行するサービスを実施しています。



株式会社えだまめとは?

株式会社えだまめは、冷凍技術コンサルティングを中心に、食品関連事業に関するさまざまな課題解決のサポートをする企業です。

当初は冷凍設備を導入されるお客様のためにはじめた「補助金申請サポートサービス」ですが、現在ではそのノウハウを活用して、さまざまな分野のお客様のサポートを実施しています。



事業再構築補助金セミナー

事業再構築補助金の概要についてご説明するとともに、食品関連事業者様がご利用になる際のポイントをコンパクトに解説します(所要時間:1時間程度)。


【開催日時】
2021年5月7日(金)10:00~
2021年5月14日(金)10:00~
2021年5月21日(金)10:00~
2021年5月28日(金)10:00~


【会場】
ZoomWebセミナー


【講師】
株式会社えだまめコンサルタント


【参加費】
無料


※開催1日前までにお申し込みください

※お申込みの方にご参加用URLをお送りします
※同業(コンサルタント、中小企業診断士、機械販売業)ならびに営業活動目的の方は、参加をお断りさせて頂く場合がございます



事業再構築補助金についてのご相談【無料】

事業再構築補助金の申請可否について、お電話でのヒアリングをもとに無料でアドバイスをいたします。アドバイス内容はあくまで弊社の見解であり、採択を保証するものではないことはご寛恕ください。



事業再構築補助金についての申請代行サービス【有料】

提携の中小企業診断士事務所と連携し、事業再構築補助金の事業計画書(A4・15枚以内)とほか申請書の作成を代行いたします。


審査員の大半を占める中小企業診断士の評価を得て採択をされるためには、記入項目を漏れなく盛り込んだ「減点をされない事業計画書」が必要です。

(※通常、補助金の審査は減点方式で行われます。審査項目以外のことに紙面を割き、必要項目が不足することがないよう注意して15枚の分量を使うようにしましょう)


食品事業の補助金申請に通じた専門家のサポートにより、食品分野の専門外の審査員にも「伝わりやすい」「減点されにくい」事業計画書を作成します。



事業再構築補助金申請代行の手数料

事業再構築補助金申請書作成代行や支援サービスの手数料は、着手金+成功報酬で頂戴しています。


利率については、申請を支援する場合の一般的な率を採用しておりますので、他の申請代行サービスと比較して著しく価格が安い・高いものではございません。


手数料については、セミナーへのご参加や、お問合せの際にお伝えいたしますので、よろしければご連絡ください。



弊社の申請サポートのメリット

弊社では、食品関連事業者の皆様が事業再構築補助金申請をする際に必要な、以下のポイントについて、豊富な専門知見をもとにアドバイスが可能です。
※あくまで補助金申請のための簡易アドバイスであり、専門サポートが必要な場合は別途費用がかかる場合がございます。ご寛恕ください


・他分野へ進出する際の計画概要へのアドバイス
・内装工事・厨房機器の見積取得の補助
・補助金申請までの段取りやスケジュール感のアドバイス
・冷凍設備導入や冷凍を活用した商品開発へのアドバイス
・セントラルキッチン設立に向けた計画づくりへのアドバイス ほか


また、事業再構築補助金を活用して冷凍設備導入をご検討のお客様は、弊社のテストキッチンで急速冷凍機を実際に活用した実験をしていただくことも可能です。
※実験には別途キッチン使用料が必要です


事業再構築補助金の申請の際には、事業計画書の作成にも手間や時間がかかりますが、それ以前の計画づくりや段取り、スケジュール調整に事業計画書作成以上の労力がかかります。


タイトなスケジュールのなかで、食品関連事業者の皆様が以下のステップを問題なく突破できるよう、弊社ではサポートをしてまいります。


事業再構築補助金申請に必要なステップ
①事業再構築補助金の申請可否の見当(公募要領・指針への当てはめ)
②事業計画の検討
③各種見積の取得・予算の検討
④金融機関への融資相談、認定支援機関への確認依頼
⑤事業計画書の作成
⑥必要書類の収集・電子申請



申請代行をご検討の場合はまずご相談を

事業再構築補助金の申請をご検討で、代行を依頼するか、またはどの代行業者を選定すべきかお迷いの場合は、まずはご相談をされてみることをおすすめします。


事業再構築補助金は、これまで国や地方自治体が実施してきた制度と比較して、要件の検討が非常に煩雑で、準備に関しても不確定要素が多くなっています。


これから公募が進むにつれて、内容面の整備は進むと思われますが、本補助金は公募が5回しか予定されておらず、おそらく終盤に向かうにつれて予算が減少したことにより採択率が減少すると予想されます。


準備に手間がかかり、かつ公募期間が短い補助金であるため、とにかく事務局や商工会議所、認定支援機関、申請サポート事業者に相談することで、時間を節約し、効率的に準備を進めましょう。


弊社の補助金申請サポート事業が皆様の事業推進のための力となることを、心より祈っています。



【好評実施中】株式会社えだまめのセミナー

株式会社えだまめでは、事業者様のご計画に応じて、事業再構築補助金のほか補助金申請サポートサービスやセミナーを実施しています。ぜひご活用ください。

ご不明点や申請代行についてのご相談等は、こちらまでお電話ください。

弊社の申請代行サービスの主たるものは、事業計画書や申請書の作成代行です。作成した事業計画書については、必ず申請前にお目通しいただき、齟齬がないかを確認のうえ、必ずご自身で電子申請を行っていただくようお願いしたします。
※電子申請についてのご不明点については、サポートをいたします

関連記事