「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

冷凍食品関連のビジネスはコンサルタントに相談することがコスト削減の近道!昔から評価の高い冷凍食品 | おいしい冷凍研究所

冷凍食品は様々な場面で活躍しており、私たちの食生活の中で切り離せないものになりました。一般家庭はもちろん、飲食店や食品製造業においても注目を集めています。

こちらでは、冷凍食品の評価と、冷凍ビジネスにおいてコンサルティングの利用をおすすめする理由についてご紹介します。冷凍ビジネスへの参入を検討されている場合は、ぜひおいしい冷凍研究所にご相談ください。専門家監修の最新情報をご提供いたします。

昔から評価が高い!これからも進化が期待される冷凍食品

食品の長期保存を可能にする冷凍食品は、一般のご家庭で重宝されているのはもちろん、飲食店などでもコスト削減や時間短縮に役立つため、昔から高い評価を得続けています。

企業の社内食堂や学校給食への導入、さらには1964年の東京オリンピックでも冷凍食品は活躍しました。オリンピックでは世界各国から選手やスタッフ、1万人ほどの人数が集まることになります。

大量の食材確保や保存が問題となっていましたが、それらを解決したのが冷凍食品なのです。また、食料を長期保存できる点だけでなく、味のよさや調理コスト削減といった点からも評価されました。

高い評価を得た冷凍食品はその後、全国のホテルやレストランなどからも注目を集め、ファストフードやファミリーレストランといった外食産業の発展と共に全国的に普及するようになったのです。現在も進化し続け、高い評価を得ている冷凍食品。今では外食産業やお弁当、お総菜、一般家庭においても冷凍食品は欠かせない存在となっています。

コンサルティングの活用がコスト削減に繋がる?

パソコンを抱えたスーツの男性

冷凍食品関連のビジネスをお考えでしたら、おいしい冷凍研究所にご相談ください。おいしい冷凍研究所では、食品に応じた最適な冷凍技術や急速冷凍機の選び方、冷凍食品の商品開発、販売、マーケティングなど、様々な面からサポートいたします。

一口に冷凍加工といっても様々な冷凍方法やノウハウあります。魚や野菜、麺など冷凍する食品によって適した冷凍方法を選ぶ必要があり、そして適した冷凍ができる急速冷凍機の導入も重要です。

冷凍加工の業界においては、技術に関する情報共有が十分に行われていないという問題がありました。(詳しくは「おいしい冷凍研究所のコンセプト」をご覧ください。)

よくある失敗として、「必要以上にオーバースペックな機械を導入してしまった」「食材に適していない加工方法を選んでしまった」といった、加工技術をそもそも間違えてしまうパターンが挙げられます。

こういった失敗は、金額にすると1000万円単位の損失になりますし、一度設備導入をしてしまうと変更ができず、減価償却が終わるまで数年単位でハンデを負った状態で事業運営することになります。

コンサルティングをご利用いただくことで、成功例だけではなく失敗例も含めて冷凍に関する専門的な知識を活用いただき、理想とする冷凍食品の製造が可能になります。高性能の急速冷凍機を購入しても、上手く活用できなければ効率的な運営はできません。

コンサルタントが提供する冷凍ビジネス界の最新の情報や冷凍技術に関する知識・技術により、失敗による費用や時間の損失がなくなり、結果として様々なコスト削減を可能にします。

冷凍ビジネスに関する相談はおいしい冷凍研究所へ

冷凍ビジネスに関するお悩みは、おいしい冷凍研究所にご相談ください。おいしい冷凍研究所では、冷凍ビジネスのプラン作成からコスト削減、急速冷凍機の購入ガイド、冷凍食品の商品開発まで、冷凍ビジネスの専門家として皆様をサポートいたします。

「急速冷凍機を選ぶ基準がわからない」「コスト削減を目指したい」「新しい冷凍食品を開発したい」など、食品の冷凍に関するあらゆるご相談にお応えします。

冷凍加工の設備導入に関する豆知識

コスト削減で冷凍食品に切り替えるならおいしい冷凍研究所に相談を

会社名 株式会社えだまめ (英名:edamame Inc.)
サイト名 おいしい冷凍研究所
代表取締役 成田博之
設立 2015年9月1日
住所
本社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2丁目1−10 インテックス恵比寿 7F
テストキッチン
〒152-0011 東京都目黒区原町1丁目3−23 メゾンフィールドU101
お問い合わせ お問い合わせはこちら
URL https://frozen-lab.eda-mame.jp/
事業内容
  • 冷凍技術コンサルティング
  • 食品の商品開発
  • マーケティング支援

関連記事