「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

豚ももを冷凍・保存・解凍調理する方法

きめが細かくやわらかい肉質で、脂肪が少ない豚もも。ローストポークやステーキ、焼き豚、ボンレスハム、パルマハムにぴったりなこの部位を、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

豚ももの基本

豚ももは、後肢の付け根に近い部分の肉の「うちもも」、うちももの下側にある「芯玉」の2つの部位を指しています。
 
きめが細かくやわらかいな肉質をしています。全体的に脂肪が少ないため、さっぱりとした味です。たんぱく質が多く、ヒレに次いでビタミンB1が豊富であることも特徴です。ローストポークやステーキ、焼き豚、ボンレスハム、パルマハムとしてよく用いられます。
 
肉自体を味わう調理に向いており、多くは塊のままローストしたり、焼き物にしたりします。調理の際は、火の通し過ぎに注意しましょう。パサついてかたくなってしまいます。

 
 

豚ももを使った食品の冷凍方法

未加工、ステーキ用

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等で包み冷凍。
脱気包装する場合は、強く空気を抜きすぎるとドリップが出ることがあるので、脱気は適度にとどめる。
解凍する際は、冷蔵庫解凍もしくは氷水解凍。
凍ったまま加熱調理してもよい。
 

ローストポーク

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等で包み冷凍。
解凍する際は、冷蔵庫解凍もしくは流水解凍。
 

焼き豚、ボンレスハム、パルマハム

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等で包み冷凍。
解凍する際は自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

肉の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

小売用の生肉、業務用のかたまり肉、調理加工済の肉製品など、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】冷凍に強い|肉の冷凍・解凍・保存方法

関連記事