「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

ハム・ベーコン・ソーセージを冷凍・保存・解凍調理する方法

肉を塩漬けにしたあと燻煙し、加熱処理を行うハムやベーコンと、塩漬けにした挽肉を腸詰にしたソーセージ。サラダに添えたり、パスタやスープに入れたりと活用方法がさまざまなこれらの食品を、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

ハム・ベーコン・ソーセージの基本

ハム・ベーコン・ソーセージでは主に豚肉を用います。ハムは成型した豚肉を塩漬けにした後燻煙し、さらに加熱処理をします。ベーコンは成形せずに塩漬けにした後燻煙します。
ソーセージは生肉、あるいは塩漬けされた肉を挽肉にして腸詰めしたものです。
 
ハムには、ロース肉を使うロースハム、もも肉をつかうボンレスハム、豚肉のほか馬肉や兎肉、羊肉を合わせたプレスハムがあります。また、燻製後に加熱しないラックスハム、燻煙もしないドライハムなどは生ハムと呼ばれます。
 
ベーコンは主に豚バラ肉を用いますが、ロースや肩肉を使うこともあります。また、塩漬けにしたあと燻煙せず加熱処理したものを生ベーコンといいます。生ベーコンを食べるときにはよく加熱しましょう。
 
ソーセージは太さや原料、肉の粗さ、肉と脂肪の比率、産地によって様々な種類があります。また、製造して数日以内に調理することを想定した生ソーセージと呼ばれるものもあります。
 
塩漬けの肉を使うハム・ベーコン・ソーセージは冷凍保存に大変適しています。空気に触れないように密閉して保存すれば、品質を保ったまま長く保存できます。

 
 

ハム・ベーコン・ソーセージの冷凍方法

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等で包み冷凍。
解凍する際は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

肉の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

小売用の生肉、業務用のかたまり肉、調理加工済の肉製品など、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】冷凍に強い|肉の冷凍・解凍・保存方法

関連記事