「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

牛リブロースを冷凍・保存・解凍調理する方法

牛肉の部位のなかでもきめが細かく霜降りになりやすい部分で肉質もよい牛リブロース。ローストビーフ、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶにぴったりなこの部位を、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

牛リブロースの基本

牛リブロースは、肋骨の背肉の部分で、肩ロースとサーロインの間にあります。
ローストビーフ、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶなどの料理によく用いられます。
 
きめが細かく霜降りになりやすい部分で肉質もよいのが特徴です。脂の濃厚な旨みも楽しめるため、肉そのものを味わう料理に使用されます。
断面の中心部にある長円形の部分をロース芯と呼びます。リブロースの中でも柔らかい部位で、脂肪が入りやすく、濃厚な旨みがあります。
 
脂質が多い部位のため、長期間保存すると脂質が酸化するおそれがあります。
表面が空気に触れないように包装して冷凍保存するか、冷凍庫内の温度を低く保ち、周囲の温度が上がらないようにしましょう。

 
 

牛リブロースを使った食品の冷凍方法

未加工、ステーキ・すき焼き・しゃぶしゃぶ用

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等の包装材で包み冷凍。
脱気包装する場合は、強く空気を抜きすぎるとドリップが出ることがあるので、脱気は適度にとどめる。
解凍する際は、冷蔵庫解凍もしくは氷水解凍。
凍ったまま加熱調理してもよい。
 

ローストビーフ

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等の包装材で包み冷凍。
解凍する際は、冷蔵庫解凍もしくは流水解凍。

 
 

肉の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

小売用の生肉、業務用のかたまり肉、調理加工済の肉製品など、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】冷凍に強い|肉の冷凍・解凍・保存方法

関連記事