「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

「急速冷凍機」と「急速凍結機」、「急速冷凍」と「急速凍結」の違い

冷凍関連用語には、学術的な目的で使われるものと通称として使われているものが混在しています。 「急速冷凍」と「急速凍結」、「急速冷凍機」と「急速凍結機」の違いは何でしょうか? 本記事では、「おいしい冷凍研究所」内で使用するそれらの用語の使い分け方について説明します。

「冷凍機」と「凍結機」の違いについて

短時間で品温を急激に下げて食品を冷凍する機械は、通称「急速冷凍機」と呼ばれています。おいしい冷凍研究所でも、通称にならい、この用語を使っていますが、この機械は学術的に正しい用語で表現すると「急速凍結機」と呼ばれます。
 
なぜ正式名称では「冷凍機」ではなく「凍結機」という言葉が使われるのでしょうか。
「冷凍機」は、そもそも空間を冷却するために低温を発生させる熱源設備(熱源機械)を指す言葉ですので、冷凍を行う設備全体を指す言葉ではありません。
下図のように、低温を発生させる「冷凍機」を含めた、食品を冷凍する設備全体を指す言葉としては「凍結機」が用いられます。
そのこともあって、学術の世界や冷凍業界の正式名称として「急速凍結機」が用いられているのです。
 

「凍結機」と「冷凍機」の違い(エアブラスト冷凍機の場合)

「凍結機」と「冷凍機」の違い(エアブラスト冷凍機の場合)

 
 

「急速冷凍」と「急速凍結」について

「急速冷凍」と「急速凍結」についても「急速冷凍機」「急速凍結機」と同様で、「急速凍結」が学術上正式な用語として使用され、「急速冷凍」は通称として使用されています。
 
「急速凍結」の定義は、食品の温度を下げる際に食品の品温が30分以内に最大氷結晶生成帯(マイナス5℃~マイナス1℃)を通過することです。
 
「急速冷凍」が用いられる際は、多くの場合は「急速凍結」と同じ意味合いで使われていることが大半です。
「おいしい冷凍研究所」でも、記事内で「急速冷凍」を使用する場合は「急速凍結」と同じ意味を指す言葉として使用しています。
 

急速凍結の温度変化

急速冷凍の温度変化

関連記事