「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

冷却温度帯

冷却温度帯(れいきゃくおんどたい)は、食品の品温を所定の温度に保つ流通の仕組みであるコールドチェーンにおいて設定されている温度帯のうちの一つです。
 
冷却温度帯は、10℃から水が凍りはじめる凍結点までの温度域のことで、食品は未凍結の状態です。野菜や果実、生鮮魚介類等の短期保存に適しています。
 
冷却温度帯において運ばれる食品の代表格は、コンビニエンスストアで取り扱われる、弁当やおにぎり、サラダなどの日配食品です。
また、10℃以下で保存が必要なチルド食品の流通も多くなっています。
 
ただし、冷却温度帯は微生物が増殖する可能性がある10℃以上の温度帯に近いので、調理や保存の際には、腐敗微生物による汚染のないクリーンな環境が必要となります。