「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

冷凍食品が「コスト削減」「売上向上」に役立つと人気!どんな場面で活躍している?食品工場に冷凍技術を用いた改善提案

状態のよい冷凍加工・冷凍保管を行った食品であれば、保存料を使わなくても品質を保ちながら長期の保管ができ、栄養素もほぼ損なわれることはありません。これらのメリットはよく知られていますが、さらに冷凍加工は「コスト削減」と「売上向上」を目的として導入されることも多いことをご存知でしょうか。

こちらでは、食品の冷凍についてもっと知っていただくために、調理現場の効率化など、冷凍が活用できる場面やそのメリットをご紹介いたします。おいしい冷凍研究所ではコスト削減と売上向上のための事業改善提案などを行います。冷凍食品での事業展開をお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

食品の冷凍はどこで活躍している?

食品の冷凍というと、スーパーやコンビニなどでよく見かけるお弁当のおかずや一人分の料理などを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。

しかし、業務用冷凍食品や、野菜や果物、肉など原料を冷凍したもの、調理工程で冷凍し、キッチンで仕上げの調理を行う半調理品冷凍などもあり、様々なところで利用されています。

こちらでは、食品の冷凍が活躍している場面をご紹介いたします。

学校や病院などで配給する食事

給食は栄養のバランスだけでなく、食べる人が飽きない献立を立てることも重要です。食品冷凍を活用すれば旬に関係なく幅広い食材を安定的に利用できるため、コストを抑えたとしても栄養価が高くバラエティーに富んだメニューを提供することが可能になります。

また、原料や半調理品の冷凍品、完成品の冷凍食品を活用すれば下処理や調理が完了しているので調理のための人件費を抑えることができます。その結果、給食費を安くでき、生徒や患者の金銭的負担や事業者の運営コストも減らすことができます。

学校ではアレルギー対応の冷凍食品、病院では噛みやすい冷凍食品(ユニバーサルデザインフード)の需要が多いようです。

大規模な人数に食事を提供する外食産業

具体的に言うと、ホテル・レストラン・飲食店・レジャー施設などです。給食とは異なり注文数が把握できないため、長期保存が難しい新鮮な食材だけを使っていると「食品ロス(無駄に食品を捨てること)」を減らすことができません。

また、施設の繁閑にすべて対応できるように人員を配置すると人件費が高くなってしまいます。単なる人員の数だけでなく、調理スキルを持った人を配置しようとすると、そもそも採用ができないことも少なくありません。

そのため、少ない人員かつ調理スキルが不十分な人材でも調理を行えるよう、半調理品や完成品の冷凍品が使われています。冷凍品・冷凍食品を取り入れることで「食品ロスを減らす」だけでなく、「人件費を抑える」ことでコスト削減を図れるのです。

スーパーのお惣菜コーナーや宅配弁当

スーパーや宅配弁当では、お客様のニーズに合わせて多種多様な商品を常に用意しなければいけません。そのため、調理に必要な冷凍素材だけでなく、既に調理されていて解凍後にそのまま盛り付けられる冷凍品・冷凍食品もよく使われています。

様々な施設でコスト削減を実現する冷凍食品の開発をお考えの方は、おいしい冷凍研究所にご相談ください。食品工場に冷凍技術を活かした事業改善提案を行います。

コスト削減だけじゃない!調理現場で冷凍を活用するメリット

メリットと書かれたカード

冷凍食品には、新鮮な素材にはないメリットがたくさんあります。こちらでは、調理現場で冷凍食品を活用するとどんなメリットがあるかご紹介いたします。

調理時間を短縮でき仕事の負担が減る

調理現場では、野菜の皮を剥いたりカットしたり、調理の前に下処理が必要です。冷凍された半調理品や業務用冷凍食品を活用することで、調理時間を大幅に減らすことができます。負担の削減は、人件費削減や働きやすい職場づくりにも貢献します。

長期保存ができる

生の素材を仕入れると、注文数が不足すれば廃棄となってしまうことがあります。冷凍食品であれば「必要なだけ使って残りは冷凍保存をしておく」ことが可能です。また、長期保存ができれば一度にまとめて購入できるので、価格変動の多い食品を安い時期にまとめて入手しておくことも可能です。

安全な食事が摂れる、保存料を減らすことができる

冷凍された食品は常にマイナス18度以下で保存することが推奨されています。マイナス18度で保存すると微生物が繁殖する心配がなく、腐敗による食中毒が発生する危険性がありません。

また、そのため冷凍食品は保存料の使用量を減らすことが可能です。保存料をはじめとする添加物はきちんと活用すればメリットも多いため一概に悪いものではありませんが、消費者の中には無添加にこだわる方も少なくありません。無添加や添加物の少なさを消費者への訴求に活用することも可能です。

場合によっては冷凍された食品のほうが栄養価は高いことも

一年中いろいろな農作物が食べられるようになりましたが、やはり旬の野菜に比べて時期外れの野菜は栄養価が高くありません。冷凍野菜は栄養価が高く収穫量が多い旬の時期のものを凍結している場合が多く、冷凍野菜のほうが生の野菜よりも価格が安くより多くの栄養が摂れることもあります。

冷凍食品の開発をサポート!食品工場への売上向上のための事業改善提案もお任せ

素材をすべて使い切るのは難しく、年間600万トンを超える食べ物が無駄に捨てられているのをご存知でしょうか。冷凍食品であれば食品によっては2年程度保存ができるので、食べ物を無駄に捨てることも減りコスト削減ができ、結果として利益をアップさせることができます。

様々な分野で注目される冷凍食品に注目し、食品工場に冷凍技術を導入したい、冷凍食品での事業展開をしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか?

最先端の冷凍技術に関する情報を発信しているおいしい冷凍研究所では、冷凍食品の商品開発や、売上向上のための事業改善提案なども承っています。食品工場に携わる方で、冷凍技術にご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

冷凍加工の設備導入に関する豆知識

冷凍食品でコスト削減・売上向上を目指すならおいしい冷凍研究所へ

会社名 株式会社えだまめ (英名:edamame Inc.)
サイト名 おいしい冷凍研究所
代表取締役 成田博之
設立 2015年9月1日
住所
本社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2丁目1−10 インテックス恵比寿 7F
テストキッチン
〒152-0011 東京都目黒区原町1丁目3−23 メゾンフィールドU101
お問い合わせ お問い合わせはこちら
URL https://frozen-lab.eda-mame.jp/
事業内容
  • 冷凍技術コンサルティング
  • 食品の商品開発
  • マーケティング支援

関連記事