「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

豚バラを冷凍・保存・解凍調理する方法

香りのよい脂肪と赤身の濃厚な味わいが魅力の豚バラ。シチュー、角煮、塩漬け、ベーコン、リエット、腸詰め、トンポーローにぴったりなこの部位を、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。

豚バラの基本

豚バラは、お腹の肋骨周りにある肉です。
 
赤身と脂肪が交互に三層ほど重なっており、香りのよい脂肪、赤身の濃厚な味わいのどちらも味わうことができる部位です。脂肪は光沢があるものほど良いとされています。シチュー、角煮、塩漬け、ベーコン、リエット、腸詰め、トンポーローとしてよく用いられます。
 
豚肉の脂肪は融点が低いので、蒸したり煮たりすることで余分な脂肪を取り除くことができます。
 
脂肪が多い部位なので、冷凍保存する際には、冷凍焼けを防ぐために保存期間を短くするとよいでしょう。

 
 

豚バラを使った食品の冷凍方法

未加工

袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等で包み冷凍。
脱気包装する場合は、強く空気を抜きすぎるとドリップが出ることがあるので、脱気は適度にとどめる。
解凍する際は、冷蔵庫解凍もしくは氷水解凍。
凍ったまま加熱調理してもよい。
 

シチュー、角煮、塩漬け、ベーコン、リエット、腸詰め、トンポーロー

シチュー、角煮、トンポーローは汁ごと袋に入れて脱気して冷凍。
塩漬け、ベーコン、リエット、腸詰は袋に入れて脱気をするか、隙間なくラップ等で包み冷凍。
解凍する際は自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

肉の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

小売用の生肉、業務用のかたまり肉、調理加工済の肉製品など、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】冷凍に強い|肉の冷凍・解凍・保存方法

関連記事