「おいしい冷凍研究所」は急速冷凍の機械選び、コンサルティング、商品開発、マーケティングの情報発信メディアです。

山本 純子|冷凍食品ジャーナリスト

プロフィール

冷凍食品ジャーナリスト。冷凍食品エフエフプレス編集長。81年冷凍食品新聞社入社。冷凍食品新聞の記者を経て98年から編集長。2015年独立。フリージャーナリストとして冷凍食品の業界動向を主に一般消費者向けにweb発信。テレビ、新聞、雑誌等のメディアで冷凍食品の基礎知識やトレンドを紹介している。

 

メディア出演・監修協力

TBSテレビ「マツコの知らない世界」 冷凍食品のメリット、おすすめの冷凍食品を紹介
フジテレビ「ノンストップ!」 冷凍食品のメリット紹介、工場ルポ(2回)
日本テレビ「ヒルナンデス!」 冷凍食品のトレンドを紹介(8回)
テレビ東京「よじごじDays」 注目の冷凍食品を紹介
はじめ多数

 

著作・監修物・制作協力

【監修】『マンガでわかる 冷凍食品だからおいしい』(日本アクセス、2017)
【制作協力】『コストコの便利帖』(晋遊舎、2017)おすすめ冷凍食品紹介

 

イベント等

日本アクセス「フローズン・アワード2016」審査員&マニア賞選考

 

アドバイス事例

・イベント/セミナー講師
・冷凍食品の基礎知識の解説
・冷凍食品のトレンド紹介
・冷凍食品業界の動向解説

 
 

専門家Q&A

Q.冷凍食品のメリットを教えてください
A. 一番のメリットは「腐らない」ということ。つまりロスの無い食品です。価格も安定しています。家庭でもプロの厨房でも、そして販売者にとっても非常にメリットのある食品。
しかも、保存料なしで腐らない。安心して使用できる食品なのです。
栄養価を保つ、というメリット。貴重な食料資源の価値を損なわず消費者まで届けることができます。
「手間抜き」食品であるということ。食材を洗う、切る、調理するといった手間をメーカーが肩代わりして、急速凍結の技術によって、そのままを消費の現場に提供しています。だから、家庭でも厨房でも「時短」を実現。メーカーの加工技術は年々進化していて美味しいものばかり。冷凍食品を使うと手抜き、という罪悪感はもう捨ててよい「美味しい食品」です。

 
Q.消費者から好評な冷凍食品にはどのような特徴がありますか
A. まず美味しいこと。便利なこと。
食べたとたんに「あ、美味しい」と思わず言葉にでてくるようなインパクトのあるものが好評です。めんや米飯にそんな商品が多いです。
おかず系では、最近はお弁当よりむしろ食卓系のもの、しかもお弁当用も兼用できるものが人気です。

 
Q.お弁当のおかず以外の冷凍食品にはどんなものがありますか
A. フランスの「Picard(ピカール)」が本格展開に入ったことで、ママ友グループなどを中心に“冷凍食品でホームパーティ”が一つのトレンドになっています。鮭のパイ包み焼き、エスカルゴ・ブルゴーニュ風、マカロンなどレストランの雰囲気が味わえます。
保存料はじめ添加物なしで品質を保つ。小分けがOKという特長を生かして、生協では離乳食の開発もスタートしました(2017年春)。

 
Q.「冷凍食品エフエフプレス」について教えてください
A. 一般消費者の方々に読んでいただくことを前提に、分かりやすく、おもしろく、冷凍食品のあれこれを紹介しています。美味しい冷凍食品、新しい視点の冷凍食品、お得なキャンペーンやイベント情報、そしてメーカーの弛まぬ開発努力を知っていただくことで、冷凍食品にもっと親しみをもって使って頂きたいと願って情報発信しています。

 
Q.近年新しく発売される冷凍食品について、目立った特徴はありますか
A. 子育てを終えてしばらく冷凍食品から遠ざかっていたシニアの方々に、進化した冷凍食品に気づいてもらい、また利用していただきたいという視点の開発が増え、実際にシニアの方々の利用が増えています。また、若い男性が自分のために買う「男飯」が新需要になっています。コンビニやドラッグストアでの冷凍食品売場の広がりも大きな変化です。

   

掲載コンテンツ

山本 純子|冷凍食品ジャーナリスト

この専門家に相談する