ハヤトウリを冷凍・保存・解凍調理する方法

味は淡白ではありますが、歯ごたえがよいハヤトウリ。本記事では急速冷凍したハヤトウリを活用する方法や、生ペースト、漬物、炒め物、ソースなどハヤトウリを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

ハヤトウリの基本

ハヤトウリの成分のほとんどが水分で、ビタミンB1、B2、Cなどビタミン類はそれほど含まれていません。他の野菜と比較して多く含まれているのがカリウムです。カリウムには利尿作用があり、むくみやだるさの解消に役立つといわれています。
 
淡い緑色の皮に色むらがなく、ハリとみずみずしさがあるものが良いハヤトウリとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は8~10月とされています。冷暗所で保存すれば、年末までおいしく食べることができます。
 
また、ハヤトウリを冷凍して解凍すると、水分が抜けてしまったり、酵素反応によって色が変化したりしてしまいます。
そのため、生のハヤトウリを冷凍した場合は、凍ったまま加熱をするようにしましょう。加熱済みや味付けをしたハヤトウリを冷凍した場合は、酵素反応が失活している、もしくは酵素反応が抑えられた状態なので、色や食感の変化を抑えたまま冷凍できます。
加熱済みのハヤトウリは凍ったまますり下ろすことで、ソースとしても使えます。

 
 

ハヤトウリを使った食品の冷凍方法

カットした生ハヤトウリ

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、カットしたものを凍ったまま加熱調理に使う。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

漬物

水気を絞って、袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍。水気を絞って食べる。
 

炒め物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みハヤトウリソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

なばな(菜花、菜の花)を冷凍・保存・解凍調理する方法

春野菜であるなばな(菜花、菜の花)は、カロテンをはじめとする栄養素を豊富に含み、独特のほろ苦さや香りが特徴の野菜。本記事では急速冷凍したなばなを活用する方法や、炒め物、煮物、ソースなど、なばなを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

なばなの基本

なばなは、カロテン、ビタミンC、B1、B2、葉酸、カルシウム、鉄等のミネラル類を豊富に含んでいます。ビタミンCの含有量は野菜の中でも特に多く、風邪や貧血の予防に効果があるといわれています。
 
葉や茎が鮮やかな緑色をしていてみずみずしいもの、つぼみが開いていないものがよいなばなとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
なばなの旬は12~3月とされていますが、通年出回っています。
 
なばなを冷凍して解凍すると、酵素反応によって色が変化したり弾力がなくなったりしてしまいます。
そのため、生のなばなを冷凍した場合は、凍ったまま加熱をするようにしましょう。
 
茹でたり炒めたりした加熱済みなばなは、酵素反応が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。
ただし、生のなばなを加熱調理した場合に比べ、シャキシャキした食感が失われてしまうことには注意しておきましょう。
加熱済みのなばなは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

なばなを使った食品の冷凍方法

生なばな

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

茹でなばな

なばなをさっと茹でて水分を絞る。
袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みなばなソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

こまつな(小松菜)を冷凍・保存・解凍調理する方法

カルシウムをはじめとする栄養素を豊富に含むこまつな(小松菜)は、あくが少なく使いやすい野菜。本記事では急速冷凍したこまつなを活用する方法や、生ペースト、炒め物、煮物、ソースなど、小松菜を使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

こまつなの基本

こまつなは、カロテン、ビタミンC、B群、E、カルシウム、鉄、リン、食物繊維などを豊富に含んでいます。特に、カルシウムはほうれん草の3倍以上であり、骨粗鬆症の予防に効果的といわれています。
 
葉が濃い緑色をしていて、葉先までピンとしてみずみずしいものがよいこまつなとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
こまつなの旬は12~2月とされていますが、ハウス栽培が盛んなので通年出回っています。
 
こまつなは酵素反応の弱い野菜のため、冷凍して解凍しても色や味の変化がさほどありません。ただし、冷凍・解凍により水分が抜けてしまうので、解凍後はおひたしのような食感になってしまいます。
加熱済みのこまつなは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

こまつなを使った食品の冷凍方法

生こまつな

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍してそのまま食べる、もしくは凍ったまま加熱調理に使う。
 

生ペースト

できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みこまつなソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

にんじん(人参)を冷凍・保存・解凍調理する方法

カロテンが豊富な緑黄色野菜であるにんじん(人参)。本記事では急速冷凍したにんじんを活用する方法や、生ペースト、炒め物、煮物、加熱済みソースなどにんじんを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

にんじんの基本

にんじんにはカロテンが多く含まれています。カロテンは免疫力を高めたり、皮膚や粘膜を強くしたりするため、がんや心臓病、動脈硬化の予防に効果があるといわれています。そのほか、カリウムやカルシウムも多く、ビタミンCも含まれています。
葉が生き生きとした緑色のもの、皮はなめらかでハリがあり、にんじん特有の赤みが強いものがよいにんじんとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
旬は4~7月、11~12月とされています。産地が幅広く通年出回っていますが、春夏ものは千葉県や徳島県、愛知県、秋ものは北海道や青森県、冬ものは千葉県や茨城県、愛知県が産地となることが多くなっています。
 
また、にんじんは加熱なしで冷凍すると、にんじんの中にできた氷結晶により繊維が押しのけられて集まり、固まってしまうため、解凍した時には食感がスカスカになってしまいます。
そのため、生のにんじんは食感がわからない程度に薄く細かくスライスしたうえで冷凍すると良いでしょう。スライスした生のにんじんを冷凍した場合は、酵素反応で色や味が変化しないように、凍ったまま煮込むなど、加熱をするようにしましょう。
あらかじめ味付けのしてあるものは、酵素反応が抑えられているため、加熱する必要はありません。
 
加熱済みにんじんは、繊維がやわらかくなっているため、冷凍しても食感が悪くならず、問題なく食べることができます。
加熱済みのにんじんは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

にんじんを使った食品の冷凍方法

スライスした生にんじん

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍、加熱調理。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みにんじんソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

ほうれんそうを冷凍・保存・解凍調理する方法

緑黄色野菜であるほうれんそうは、カロテンをはじめとする栄養を豊富に含んだ野菜。本記事では急速冷凍したほうれんそうを活用する方法や、生ペースト、炒め物、煮物、ソースなど、ほうれんそうを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

ほうれんそうの基本

ほうれんそうは緑黄色野菜の中でも栄養価が非常に高く、鉄、マグネシウム、マンガン、亜鉛などのミネラル類、ビタミンB6 、C、葉酸などを豊富に含んでおり、貧血の予防に効果があるといわれています。
 
葉の緑色が濃く、葉先がピンとしてみずみずしいものがよいほうれんそうとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
ほうれんそうの旬は12~1 月とされていますが、地域や種類によって収穫時期が前後するため、1年中流通しています。
 
また、ほうれんそうは生のまま冷凍するとシャキシャキ感が失われて柔らかくなり、凍ったまま加熱しても食感が悪くなってしまうので注意しましょう。食感の変化の影響を抑えるためには、さっと茹でて水分を絞って冷凍をするとよいでしょう。
 
茹でたり炒めたりした加熱済みのほうれんそうは、酵素反応が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。
ただし、生のほうれんそうを加熱調理した場合に比べ、シャキシャキした食感が失われてしまうことには注意しておきましょう。
加熱済みのほうれんそうは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

ほうれんそうを使った食品の冷凍方法

茹でほうれんそう(おひたし)

ほうれんそうをさっと茹でて水分を絞る。
袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みほうれんそうソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

はくさい(白菜)を冷凍・保存・解凍調理する方法

冬の代表的な食材であるはくさい(白菜)は、栄養価が豊富で価格も安価であることから、鍋物をはじめさまざまな冬の料理に活用されます。本記事では急速冷凍したはくさいを活用する方法や、炒め物、煮物など、はくさいを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

はくさいの基本

はくさいの大部分は水分ですが、ビタミンCが豊富に含まれているため、風邪の予防や免疫力の向上に効果があるといわれています。また、カリウムの利尿作用で塩分を輩出することによる高血圧の予防や、食物繊維による整腸効果が期待できるとされています。
 
外側の葉が生き生きとした緑色をしているもの、切り口が白くみずみずしいもの、葉が隙間なく詰まっているものがよいはくさいとされています。この状態のものを食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
はくさいの旬は11~2月とされていますが、地域や種類によって収穫時期が前後するため、1年中流通しています。
 
また、はくさいを生で冷凍・解凍すると、シャキシャキ感が失われて柔らかくなり、凍ったまま加熱しても食感が悪くなってしまうので注意しましょう。食感の影響を抑えるためには、さっと茹でて水分を絞って冷凍をするとよいでしょう。
 
茹でたり炒めたり、汁物にした加熱済みはくさいは、酵素反応が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。
ただし、生のはくさいを加熱調理した場合に比べ、シャキシャキした食感が失われてしまうことには注意しておきましょう。

 
 

はくさいを使った食品の冷凍方法

茹ではくさい

さっと茹でたはくさいの水分を絞る。
袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

炒め物、煮物、汁物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

キャベツを冷凍・保存・解凍調理する方法

価格も手ごろで、付け合わせや炒め物の材料として身近な食材であるキャベツ。本記事では急速冷凍したキャベツを活用する方法や、炒め物、煮物など、キャベツを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

キャベツの基本

キャベツにはビタミンUが含まれています。これはキャベジンとも呼ばれる水溶性ビタミン様物質で、胃炎や潰瘍の回復に効果があるといわれています。そのほか、ビタミンC、アミノ酸、カルシウムが含まれているほか、葉の緑色の部分にはカロテンが豊富です。
 
葉の緑色が濃く鮮やかでツヤとハリがあるもの、切り口がみずみずしく変色していないものがよいキャベツとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
キャベツの旬は収穫時期によって違い、春キャベツは3~5月、夏キャベツは7~8月、冬キャベツは1~3月とされています。
 
キャベツは、生のまま冷凍・解凍すると水分が流出して食感が悪くなるうえ、苦みが強くなってしまいます。さっと茹でて水分を絞って冷凍をするとよいでしょう。
 
茹でたり炒めたりした加熱済みキャベツは、食感が既に変化しており、苦みも強くならないため、問題なく冷凍・解凍できます。
ただし、生のキャベツを加熱調理した場合に比べ、シャキシャキした食感が失われてしまうことには注意しておきましょう。

 
 

キャベツを使った食品の冷凍方法

茹でキャベツ

さっと茹でたキャベツの水分を絞る。
袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

こんにゃくを冷凍・保存・解凍調理する方法

こんにゃくいもから作られた食品であるこんにゃくは低カロリーでダイエット食としても人気です。本記事ではこんにゃくを冷凍する場合の注意点や、急速冷凍を活用する方法、冷凍したこんにゃくの活用方法について解説します。

こんにゃくの基本

こんにゃくはカルシウム、食物繊維のグルコマンナンを豊富に含んでいます。グルコマンナンは水分を含むと膨張して腸を刺激して、腸内の有害物質を排出するため、便秘や大腸がんを予防したり、血糖値やコレステロール値を下げたりする効果があるといわれています。
 
適度な弾力があり、柔らかすぎないもの、縮んで固くなっていないものがよいこんにゃくとされています。
こんにゃくは加工品であるため、特に旬はありません。
 
また、こんにゃくはゲルでできた食品のため、冷凍して解凍すると、食品組織のなかの分子鎖が氷結晶に押しのけられて集まり、化学結合をすることでスポンジ状になってしまいます。
こうなると、食感が極端に変わってしまい、生のこんにゃくのプリッとした食感には戻りません。
しかし、この食感の変化を楽しむのが、冷凍こんにゃく(凍みこんにゃく、凍りこんにゃくとも呼ばれます)です。味がしみやすくなり、肉のような食感になるため、野菜炒めや唐揚げにして食べられています。
【関連記事】冷凍すると「す」が入る食材|豆腐、こんにゃくなどは要注意

 
また、急速凍結を行って氷結晶を小さくすれば、スポンジ状になったとしても組織のきめが細かく保たれるため、食感の変化を少なく抑えることができます。

 
 

こんにゃくを冷凍する方法

冷凍こんにゃく

スライスしたこんにゃくを袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍。
食感は変化してしまうので、その変化を楽しめる場合のみ冷凍する。
 

冷凍の影響を抑えたい場合

こんにゃくを袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して急速冷凍。
解凍する場合は、流水解凍や加熱調理など、最大氷結晶生成帯の温度帯(マイナス5℃~マイナス1℃)を速く通過することができる解凍方法を用いる。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

たけのこ(筍)を冷凍・保存・解凍調理する方法

春を代表する食材の一つであるたけのこ(筍)は、うま味成分がたっぷりと含まれている野菜。本記事では急速冷凍したたけのこを活用する方法や、炒め物、煮物などたけのこを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

たけのこの基本

たけのこはそれほど栄養価は高くありませんが、食物繊維セルロースが豊富で、たんぱく質、ビタミンB1、B2、カリウムなども含まれています。また、アミノ酸の一種であるグルタミン酸やチロシン、アスパラギン酸といった、うま味のもとともいえる成分も含まれています。
 
切り口が変色しておらず、みずみずしくて白いもの、小ぶりで皮が淡い黄色でツヤがあるものがよいたけのことされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
たけのこの旬は4~5月とされていますが、地域や種類によって収穫時期が前後するため、春から初夏にかけて楽しむことができます。
 
また、たけのこは加熱なしで冷凍すると氷結晶に押しのけられた繊維が集まって固まるため、解凍した時にはスカスカした食感になってしまいます。そのため、生のたけのこは食感がわからない程度に薄く細かくスライスして冷凍すると良いでしょう。
スライスした生のたけのこを冷凍した場合は、解凍する時に酵素反応で色や味が変化しないように、凍ったまま煮込むなど、加熱をするようにしましょう。
新鮮なたけのこを冷凍・解凍し、生で食べたい場合は、あらかじめ味付けがしてあれば、酵素反応がある程度抑えられているため、解凍時に加熱する必要はありません。
 
加熱済みたけのこは、繊維がやわらかくなっているため、冷凍しても食感が悪くならず、問題なく食べることができます。
加熱済みのたけのこは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

たけのこを使った食品の冷凍方法

スライスした生たけのこ

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みたけのこソース

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事

れんこん(蓮根)を冷凍・保存・解凍調理する方法

調理方法で食感が変化するれんこんは、栄養価も豊富。本記事では急速冷凍したれんこん(蓮根)を活用する方法や、炒め物、煮物、ソースやスープなど、れんこんを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。

れんこんの基本

れんこんにはビタミンCだけでなく、カリウムやカルシウム、鉄、銅といったミネラル類が豊富に含まれています。ビタミンB1、B2も含まれており、貧血を予防できるといわれています。そのほか、抗酸化作用、消炎、収れん作用があるといわれるタンニン、整腸、粘膜や胃の保護に効果があるとされる食物繊維やムチンもれんこんの栄養素です。
 
ふっくらと厚みがあり、色むらや傷がないもの、茶色く変色しておらず、白くみずみずしいものがよいれんこんとされています。この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。
 
れんこんの旬は11~3月とされていますが、ほぼ通年出回っています。
 
また、れんこんは加熱なしで冷凍すると氷結晶に押しのけられた繊維が集まって固まってしまうため、解凍した時には食感がスカスカになってしまいます。そのため、生のれんこんは食感がわからない程度に薄く細かくスライスして冷凍するとよいでしょう。
スライスした生のれんこんを冷凍した場合は、解凍するときに酵素反応で色や味が変化しないように、凍ったまま煮込むなど、加熱をするようにしましょう。
新鮮なれんこんを冷凍・解凍して生で食べたいときは、あらかじめ味付けをしてあれば、酵素反応がある程度抑えられているため、解凍時に加熱する必要はありません。
 
加熱済みれんこんは、繊維がやわらかくなっているため、冷凍・解凍しても食感が悪くならず、問題なく食べることができます。
加熱済みのれんこんは凍ったまますり下ろすことで、加熱なしでソースとしても使うことができます。

 
 

れんこんを使った食品の冷凍方法

スライスした生れんこん

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍時の酵素反応による色や食感の変化を防ぐため、凍ったまま加熱調理に使う。
 

生ペースト

酵素反応を抑えるために、調味料で味をつけておく。
できたペーストを袋に入れて脱気包装をして冷凍。
解凍する場合は、流水解凍を行うか、凍ったまま加熱調理に使う。
 

炒め物、煮物

袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。
 

加熱済みれんこんソース、スープ

袋に入れて脱気包装をする。
解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。

 
 

野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには?

野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。
葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。
【関連記事】専門家に相談を|野菜の冷凍・解凍・保存方法

関連記事